ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 竣工情報

ゆずり葉の歩み

『竹富町役場新庁舎』が竣工しました。

220501e696b0e8819e_e7abb9e5af8ce696b0e5ba81e8888e_e9968be5ba81

祝・竹富町役場新庁舎 あす 開庁

ごあいさつ
竹富町長 前泊正人
竹富町役場新庁舎開庁にあたり、ごあいさつを申し上げます。
かねてより建設を進めてまいりました竹富町役場新庁舎が、コロナ禍という前例のない状況下にありながらも開庁できますことは、まことに慶祝の極みであり、町民皆様をはじめ、関係機関並びに建設工事にご尽力いただいた関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。
顧みますと、竹富町役場旧庁舎は、建築から50年余が経過し、老朽化が顕著であったこと等が指摘され一刻も早い新庁舎の建設が待ち望まれておりました。
このたび、誕生した新庁舎は、耐震・耐火性にも優れたユニバーサルデザイン採用の鉄鋼造5階建ての複合施設として建設され、これまで分散していた農林水産課や教育委員会、町議会が新庁舎へ一元化されるほか、新庁舎の大きな特徴である簡易宿泊施設、竹富町関係機関事務所等も併設されることからますます利便性の向上が図られることと思います。
特に町民皆様が多く利用する窓口は、迅速かつ親切な対応を第一に考え、一階フロアに昨日を集約配置し、申請手続等の負担軽減が図られるように総合窓口を設置しております。さらに、非常用発電機や重要機器等を上層階に配置するなど、災害時における町民の安全安心を守る対策本部の拠点としての機能も最大限発揮できるよう構築しております。
さて、いよいよ5月2日には新庁舎での業務がスタートいたします。
この新庁舎の落成を契機として、これまで以上にきめ細やかな町民サービスの充実を目指し、職員一丸となって全力で取り組むし余損でございます。
結びに、竹富町役場新庁舎開庁にあたり、多大なご支援ご協力を賜りました国・県をはじめ、町民皆様、関係各位に対し、衷心より厚く御礼を申し上げ、ごあいさつといたします。

令和4年5月1日竹富町議会
議長 新田長男

このたび、竹富町民が待ち望んでおられました、竹富町役場新庁舎が完成し、開庁の運びとなりましたことは、誠によろこびに堪えないところでございます。竹富町議会を代表して、心よりお祝い申し上げます。
竹富町役場旧庁舎は、昭和51年12月に旧ボウリング場の一部の建物を購入し、翌年9月の移転と同時に業務を相曽してから43年余に渡り、島々の均衡ある発展の礎として町民に親しまれてきましたが、建物の老朽化や耐震性能の不足、危険家屋化などの問題も指摘され、大規模災害の発生時に役場庁舎が担うべき役割や機能を十分に果たすことは困難な状況でありました。
このたびの新庁舎は、大規模災害発生時でもあらゆる事態に冷静、的確に対処できるよう耐震性、耐火性能に優れた建物となっており、浸水対策も考慮し電気室などの設備室は5回に設置されております。
また、庁舎機能と併せて、町関係機関・団体の事務所、売店並びに簡易宿泊施設も整備されており、あらゆる手続等をノンストップで行うことができる利便性の高い複合施設となっております。
町議会の議場においても、最新のマイクシステムや映像配信機能が備えられており、傍聴席には車椅子スペースも設置されました。
私どもは、二元代表制の一翼を担う議会としての責務を果たすため、諸先輩方が培ってこられた豊富な志を新議場にも引き継ぎつつ、新庁舎と新議場の機能を十分に活用しk、議会活動を一層推進してまいります。
結びに、町民の皆様をはじめ、新庁舎の整備にあたり、これまでご尽力いただきました関係各位にあらためて深く感謝申し上げるとともに、皆様方のご健勝、ご多幸、あわせて新庁舎が町民から末永く愛されるよう心より祈念し、お祝いの言葉と致します。
令和4年5月1日

page_top

『あすなろ花卉の郷』が竣工しました

img01

『あすなろ花卉の郷』

施設の災害対策や入所者への医療提供の安全性確保などの課題に応えつつ、障害者の市民参加、理解の醸成を図るため、自然に囲まれた豊かな環境と社会参加・貢献を実感できる日常を育む場として、かつて花卉栽培の団地のあったこの地への移転となりました。
私的空間である個室とセミパブリックな居間・食堂で構成される6つのユニットを繋ぐ、作業室や多目的スペースなどのコモンスペースと管理諸室が、心静かな周辺環境と農地や動物飼育スペース、芝張りの空間に包容され、地域に生き、住民とのとの接点を持ちながら各人の「居場所」として確かなものにしていく礎になることを期待しています。


page_top

『ちえの森ちづ図書館』が竣工しました

img013

『ちえの森ちづ図書館』

ちえの森ちづ図書館は、「智恵と和の広がる図書館 ~であい、つながり、まなびあう~」をコンセプトとして、基本構想・計画の「図書館の役割」、「智頭図書館 のありたい姿」について住民ワークショップを通して共創した町の拠点です。利用者それぞれの図書館への想い、活動や居場所のあり方について話し合い、ともに つくりあげてきた結晶です。敷地の南北を結ぶ「本の森」の空間を支える屋根架構のトラスや書架、家具を智頭杉で製作し、統一感のある木の空間を創出しています。

page_top

『吹田市立建都ライブラリー』が竣工しました

img011

『吹田市立建都ライブラリー』

吹田市立健都ライブラリーは北大阪健康医療都市(健都)内での健康づくりを支援する拠点として、健都レールサイド公園とともに『「健康」に「気づき」「楽しみ」ながら、「学べる」』の3つのコンセプトのもと、多世代が集い、交流し、気軽に健康づくりに取り組むことができる場です。  図書館の1階には健康支援を目的として健康に関する本を集めた健康・医療・スポーツコーナー、様々な世代から根強い人気のある0新幹線を展示したすいたメモリアル、憩いの場として利用できるカフェスペースを、2階には児童開架・子ども達の為の絵本コーナーと一般開架室、イベントの行える多目的室を配置することで、多世代が集い、交流し、健康寿命延伸(生活活躍)につながる施設となっています。 また、太陽光発電設備、深い庇と開口部のLow-Eペアガラス、壁面緑化の採用をはじめとする環境に配慮した建築としてCASBEE Sランクを取得しています。

page_top

『太子町立南総合センター』が竣工しました

img01

『太子町立南総合センター』

太子町立南総合センターは、「地域の子どもたちからお年寄りまであらゆる世代の住民に、いつでも集まれる多様な活動の場を提供し、互いに協力し合える豊かな地域コミュニティを育む施設」として計画しました。見通しの良い広場やテラス・駐輪駐車スペースと施設内の多様な居場所が相互につながり、古民家にみられる、土間と茶の間、座敷が繋がる田の字型の間取りのようにコミュニティを育む豊かな環境を実現しています。広場を活用した地域の盆踊り大会の際には、2階の屋上テラスから広場へ直接行き来ができるように屋外階段を設置し、連携して利用できるようにしています。景観に調和した燻し銀の切妻屋根や、壁面の杉板型枠の打放しコンクリート仕上げ、漆喰調の左官仕上げといった「和のまち太子」にふさわしい伝統的な日本建築の要素を組み込むことで、まちの景観に配慮した施設としています。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved