ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 竣工情報

ゆずり葉の歩み

『ちえの森ちづ図書館』が竣工しました

img013

『ちえの森ちづ図書館』

ちえの森ちづ図書館は、「智恵と和の広がる図書館 ~であい、つながり、まなびあう~」をコンセプトとして、基本構想・計画の「図書館の役割」、「智頭図書館 のありたい姿」について住民ワークショップを通して共創した町の拠点です。利用者それぞれの図書館への想い、活動や居場所のあり方について話し合い、ともに つくりあげてきた結晶です。敷地の南北を結ぶ「本の森」の空間を支える屋根架構のトラスや書架、家具を智頭杉で製作し、統一感のある木の空間を創出しています。

page_top

『吹田市立建都ライブラリー』が竣工しました

img011

『吹田市立建都ライブラリー』

吹田市立健都ライブラリーは北大阪健康医療都市(健都)内での健康づくりを支援する拠点として、健都レールサイド公園とともに『「健康」に「気づき」「楽しみ」ながら、「学べる」』の3つのコンセプトのもと、多世代が集い、交流し、気軽に健康づくりに取り組むことができる場です。  図書館の1階には健康支援を目的として健康に関する本を集めた健康・医療・スポーツコーナー、様々な世代から根強い人気のある0新幹線を展示したすいたメモリアル、憩いの場として利用できるカフェスペースを、2階には児童開架・子ども達の為の絵本コーナーと一般開架室、イベントの行える多目的室を配置することで、多世代が集い、交流し、健康寿命延伸(生活活躍)につながる施設となっています。 また、太陽光発電設備、深い庇と開口部のLow-Eペアガラス、壁面緑化の採用をはじめとする環境に配慮した建築としてCASBEE Sランクを取得しています。

page_top

『太子町立南総合センター』が竣工しました

img01

『太子町立南総合センター』

太子町立南総合センターは、「地域の子どもたちからお年寄りまであらゆる世代の住民に、いつでも集まれる多様な活動の場を提供し、互いに協力し合える豊かな地域コミュニティを育む施設」として計画しました。見通しの良い広場やテラス・駐輪駐車スペースと施設内の多様な居場所が相互につながり、古民家にみられる、土間と茶の間、座敷が繋がる田の字型の間取りのようにコミュニティを育む豊かな環境を実現しています。広場を活用した地域の盆踊り大会の際には、2階の屋上テラスから広場へ直接行き来ができるように屋外階段を設置し、連携して利用できるようにしています。景観に調和した燻し銀の切妻屋根や、壁面の杉板型枠の打放しコンクリート仕上げ、漆喰調の左官仕上げといった「和のまち太子」にふさわしい伝統的な日本建築の要素を組み込むことで、まちの景観に配慮した施設としています。

page_top

『ちえの森ちづ図書館』の竣工式が行われました。

1_web2_web

2020年11月28日に『ちえの森のちづ図書館』で竣工式が執り行われました。

翌日の開会セレモニーでは地域の人々により様々な催しが行われ、

今後市民の憩いの場であり、学びを育む場となることが期待されます。

34

page_top

吹田市立建都ライブラリーが11月にオープンしました。

健康づくりプログラム等を実施する屋内スペースを持ち、図書館を多機能化した健康の学びの拠点として、吹田市立健都ライブラリーが令和2年(2020年)11月にオープンしました。(吹田市役所HPより)

・建都ライブラリーパンフレット (PDFファイル)

e581a5e983bde383a9e382a4e38395e38299e383a9e383aae383bce3838fe3829ae383b3e38395e383ace38383e38388_e3839ae383bce382b8_11

関連 吹田市|健都レールサイド公園 (city.suita.osaka.jp)

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved