ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

ミャンマー国土開発の最前線 ~建築家・徳岡浩二の挑戦

日経リサーチ「グローバル・マーケティング・キャンパス」に
『ミャンマー国土開発の最前線 ~建築家・徳岡浩二の挑戦
が掲載されました。
コラムの購読には、登録が必要ですが、無料です。

以下抜粋

日本の中堅設計事務所がミャンマーに描くグランドデザイン

こうした政府や大手企業が主 導するビッグプロジェクトと並行して、ミャンマー第2の都市マンダレーの近郊で知られざる開発プロジェクトが進行している。主役は大阪に本拠を置く徳岡設 計である。現地資本の「ロイヤル・ハイテック・グループ」の依頼を受けて、昨年12月にヤンゴンに駐在事務所を設置し、今年2月に現地法人を設立した。

同時に、同社を代表に3つの日系コンサルタントと共同で組成した「ミドルミャンマー・グリーンイノベーション・コンサルタントグループ」を通じて、2カ所の開発プロジェクトのアドバイザー業務を受注した。

1つはマンダレーの中心部から南西に約58㎞にあるミョータ(MYOTHA)工業地区(計画面積41.8㎢)。もう1つは、そこから西へ約13㎞の場所に 位置するイラワジ川のセミコン(SEMIKHON)港の港湾地区(同15.4㎢)である。現在、セミコン地区のビジターセンターが完成し、両地区を結ぶ道 路が建設中である。2015年までの第1段階でミョータ地区10.5㎢、セミコン地区0.8㎢を開発する。2020年までにはミョータ地区15.3㎢とセ ミコン地区の全域、さらに2025年までにミョータ全域の開発を目指している。

ミョータ工業団地の開発現場の入り口に設置されたゲートミョータ工業団地の開発現場の入り口に設置されたゲート
セミコン港湾地区に建設されたビジターセンターセミコン港湾地区に建設されたビジターセンター

ミャンマーの開発プロジェクトの現状、そして自身が手掛けている2つの地区のポテンシャルについて、徳岡社長はインタビューで熱く語った。

「ミャンマーで今注目されている3つの経済特区(SEZ)のうち、ティラワは日中韓、ダウェイは日本とタイ、チヤウピューは中国の国家事業としてミャン マー政府が位置づけており、コンサルタントとしてこれから介入の余地はありません。ティラワは、日本が威信をかけて他に先駆けて整備すると思われ、ダウェ イも今後の成功は日本次第と期待されています。チヤウピューは中国政府がベンガル湾ルートのエネルギー供給拠点としてパイプラインがマンダレーを経由し、 ムセ、昆明へと敷設されています。ここには深水港が整備されており、今後の発展は中国が国家の将来をかけて進めるものと思われます。今回のミョータとセミ コンの開発地区はこのルート上にあり、ミャンマーにおけるアジアハイウェイ構想の中心にあります。そのうえでポテンシャルは高いと確信しています。道路整 備は既に進んでおり、物流拠点が整備されれば交易のハブになる可能性があります。」

日本企業の貢献についても持論を説く。「新興国における日本の協力のあり方は、現地からの要望に基づくものですが、既に発展が急加速しているヤンゴン周辺 の地域では、急激なインフレや交通渋滞などとともに他の地域との大きな格差を生み出してしまうのは、中国の事例からも明らかです。日本も投資効果、収益性 を短期的にのみ求めるのではなく、長い目で見て本当にその国に役に立ち国家戦略として効果の高い支援をすべきだと思います。その意味で出来るだけ整備の立 ち遅れた中央や北の地域にも目を向けて欲しいものです。」

さらに「マンダレーは1885年に英国に統治されるまで最後の王宮のおかれたミャンマーの歴史・文化の中枢です。市街地は整然と区画され、住まいは一戸建 てが基本です。豊かな資源がその背景にあり、金、プラチナ、銅などの鉱物資源、北部モゴックのルビー、ピンウーリンの絹にいたるまで、文化を支えていま す。課題としては中国の影響が強く、深いことです。この地域の企業の9割は中国とのつながりがあると言われており、エネルギー確保のルートにもあることか ら利権については国営企業が大資本を投じて抑えにかかっています。現地ではこの中国一辺倒の状況を緩和して、バランスの良い国際性を持たせたいと考えてい る方が多く、日本への期待が大きいです。」

ミャンマー2地区を開発するシニアアドバイザーの任命式(右が徳岡浩二社長)ミャンマー2地区を開発するシニアアドバイザーの任命式(右が徳岡浩二社長)

最後に徳岡社長は、こう締めくくった。「マンダレー管区は第二次世界大戦末期、壮絶な戦闘が行われた地域 で、現地の方々も多く巻き込まれ犠牲になった地域であることも忘れてはなりません。マンダレーヒルの僧侶たちが傷ついた日本兵を保護したことも伝えられて います。その御恩返しもしなければならないのではないでしょうか。」

page_top

2013年 年頭訓示

shinnen11

平成25年 年頭挨拶

新政権の誕生で幕を下ろした昨年。政治の大切さを痛感させられた1年でした。

マ ニュフェストという言葉が胡散臭く感じられ、新しい呼称になろうとも、すっきりしない気分での発進でしたが、大いに期待したいものです。そのような中で、 いくつかの政権公約が既に軌道に乗せられようとしています。特にインフレ目標や消費税アップは、私たちにとって大きな影響があるものと思われます。今まで の消費税対応を思い出して万全の対策で臨みたいものです。

第一に、駆け込み需要に応えうるスピードが重要です。迅速かつ的確に顧客要望に応えなければなりません。

第二に、プロジェクトの包括的な契約内容の把握が必要です。何をいつまでに成すことを文書化し、全体像をつかみ計画的に実行し、利益を上げていくことが、不可欠です。

第三に、駆け込みの反動としての需要減を考慮に入れ、目先だけに惑わされない長期的な視野に立った受注を心掛けたいものです。

国内だけではなく海外においても大きな変動がありました。

中国経済の低迷と対日関係の悪化。東南アジアの急成長なども顕著になってきました。

中国については、国内での人件費と不動産価格の高騰、元高圧力により格差は広がり混乱はしばらく続くものと思われます。当社の中国事業に関しては、これまでの人間関係を大切にしながら、冷静に状況を見守っていきたいと考えています。

昨年12月に当社は徳岡設計・ミャンマーを設立し、今後の事業拡大を目指しています。これまでの経験を活かし、新たな挑戦の場として積極的に開拓していきたいと考えています。

これは単なるビジネスチャンスというより、アジアの先進国としての教訓をミャンマーという国の未来に活かすことを目標に、省エネ・環境技術、人間中心のまちづくりなどに取り組んでいく所存です。

今年は例年にも増して激務が予想されます。

どうか皆さん健康管理に留意してついてきて頂きたいと思います。より広範で有意義な社会性の追求のために躍進したいと思います。

name11
shinnen2

page_top

FACEBOOK始めました。

face1

徳岡設計 Facebookページ』を開設いたしました。

双方向のコミュニケーションツールを活かし、私たちの活動を知っていただくと共に

皆様からのコメントや「いいね!」をいただき、より良い建築づくりにつなげていきます。

徳岡設計 Facebook

http://www.facebook.com/tokuoka.sekkei

page_top

『賢者.tv』で徳岡浩二が紹介されました。

賢者 徳岡

”時代を創る500人の改革者たち”というコンセプトで取材を受け、生い立ちを通して、建築に対する強い想いや考えをお話させていただきました。バナーをクリックすると、Web動画をご覧になれます。

賢者.tv

page_top

2012年 年頭訓示

Happy New Year1

平成24年 年始挨拶 変わるものと

変わらぬもの、変えねばならぬもの

明けましておめでとうございます。本年は世界のリーダーの交代期にあたり、国際情勢の激動が予測されます。古来より変化を望まず「お変りありませんか?」が決まり文句である日本人にとって、大きな転換期になるものと思われます。我々はこの変化を鋭敏にとらえて好機となすよう備えねばなりません。TPP交渉とともに建設市場の開放が話題にも上がるでしょう。これまでにも段階的対応が行われてきたWTO案件などを引き合いに、自分には関係ないことでは済まされなくなるでしょう。現時点では貿易や関税に関わる事項よりも専門領域においては資格制度が重視されるため直ちに影響はないとされていますが、建築教育や設計技術においてシンガポールや香港、韓国と国外市場での競争が熾烈になり、やがて国内においても勝ち残った会社がその国の技術者、資格者を雇用して受注競争に参加するようになるのは必至です。幸か不幸か建設業界には農協ほどの組織力がないばかりか危機感すらも感じられません。将来この業界において主体性を持って仕事をし続けるためには、一層の技術研鑽、品質管理能力を磨くしかないのはいうまでもありません。

当社は昨年、徳岡設計と改称しましたがその理念は不変です。お金では買えない空間の価値を創造する企業として持続的、確実に成長させたいと考えております。12月末に特定された国土交通省中部地方整備局のBIM試行プロジェクトも新年早々スタートしますが、これは可視化によって消費者、発注者により分かりやすく設計内容を説明する手段であると同時に施工技術面でも大きく革新的な情報伝達手法になります。いち早く技術を習得して他社に先駆けると同時に本来の目的である「良い建築創り」に有効な手段であることを検証していかなければなりません。つまり目的は変わらないのです。そして変えなければならないのは時代に即応した情報と道具を活用することなのです。name1

Happy New Year 2Photo:2012年 新年祝賀式にて

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved