ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ

ゆずり葉の歩み

日事連に碓井琴平文化館が掲載されました

2016.7.10号より抜粋
nichiziren11nichiziren21nichiziren31
碓井琴平文化館

~ 文化を軸にしたまちづくりの拠点施設 ~

平成8年(1996)に開館した碓井琴平文化会館は、炭鉱閉山をはじめとする地域課題を乗り越え、21世紀へ向けて文化を軸にした個性豊かなまちづくりの拠点として計画され、織田廣喜美術館のほか、古代から現代までの郷土資料を展示する碓井郷土館、戦争資料や社会活動家の資料を展示する平和祈念館、そして町民への情報提供拠点となる図書館の4施設により構成されています。

~ 土地の起伏を活かした施設間の連携 ~

美術館と碓井郷土館は、来館者の興味と想像力を掻き立てる風情あるアプローチをとり、平和祈念館と図書館は、気軽に立ち寄りやすいよう前面道路側とし、3~5mある敷地の高低差を利用して1階(道路レベル)に図書館、2階(公園レベル)に平和祈念館を配置しました。
美術館と郷土館は、さまざまな目的に利用される中央のエントランス・ホールをそれぞれのアイデンティティを失うことなく共有し、放射状の開口部と中央にドーム状のアトリウムをもつ図書館は、情報発信を担う公共図書館にふさわしい開かれた施設となっています。2階にある平和祈念館からは、階下の図書館全体が見渡せ、両施設の効果的連結が、学習目的に応じた豊富な情報の提供に役立っています。この建物は防災と利便性を考慮したブリッジで設置され‘‘平和の灯”と名付けられた彫刻とともに施設の特徴あるイメージを創出しています。
敷地は炭鉱跡地のボタ山、窪地を埋め立てた造成地で、セイタカアワダチソウの原っぱでしたが、設計前に一株の笹が自生しているのを目にしました。そこで造園主木を孟宗竹とし、根締めを熊笹、おかめ笹としました。酸性土壌に強い竹類はよく育って、今では見違えるような緑の公園になっています。

~ 織田画伯を象徴した青海波模様 ~

嘉麻市出身の織田画伯は、日本芸術院会員二科会名誉理事長を務めた洋画家です。その作品を常設展示する美術館では、初期から晩年までに至るまでの洋風の変遷を生涯にわたって展示しており、叙情的で優美な作品の魅力をさまざまな角度からご覧いただけ、どこよりも画伯の芸術活動を体験することができます。
代表シリーズである「少女」を一同に展示した空間や、紫外線をカットした自然光を活用した明るい展示には、愛妻リラが縫い合わせたキャンパスに描かれた、夫婦の共作とも言える「賛歌」など二科展への出品作を鑑賞することができます。
織田画伯の川渡り神幸祭の絵を見たとき、華やかで日本的なフィーリングを感じ、それがデザインのベースとなっています。近くに石灰の産地もあるので、外装には漆喰と天然スレートを採用しました。屋根と漆喰の朱・白の建築的アンサンブルが木々の緑に包まれ、生き生きとした心豊かな生活を演出することを意図しています。
漆喰壁には織田画伯の生命力あふれる芸術性、自由な作風と包容力のある人柄を象徴して青海波模様としました。ステンレス目地棒で描かれた直径を1.2mとし、コンクリートの収縮クラック誘発目的と漆喰塗りの工程に配慮しています。

~ 市民の文化活動の場として ~

美術館には、貸しギャラリーとしても利用できる「企画展示室」、各種講座や美術愛好家の活動の場としての「市民アトリエ」、くつろぎの空間「サロン」を設け、市民の芸術活動全般を支援する施設としています。
落成から20年を迎える本年、企画展示室では8/6(土)~9/4(日)までの期間、美術館の設計者である「建築家 徳岡昌克展」が開催されることとなっています。美術館が生まれるまでの過程と設計への取り組みをはじめ、素材と建築をテーマに風土とデザインのあり方を作品を通じ問いかける内容となっています。筑豊にお立ち寄りの際にはぜひ足をお運びいただければ幸いです。

page_top

「建築家 徳岡昌克展」が嘉麻市立織田廣喜美術館にて開催されます。

弊社設計の「嘉麻市立織田廣喜美術館」が本年開館20周年を迎えました。

また、同美術館にて「建築家 徳岡昌克展」が2016年8月6日(土)より開催されます。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

e382ade383a3e38397e38381e383a34

tokuokamasakatuten22

建築家 徳岡昌克展

嘉麻市立織田廣喜美術館を含む4つの文化施設で構成された複合施設である碓井琴平文化館(1996年5月3日開館)は、建築家徳岡昌克(1930-)による設計で、「第8回ブルガリア世界建築トリエンナーレ入賞(ウィーン市長賞)」、「第9回福岡県建築住宅文化賞大賞」、「第8回公共建築賞 地域特別賞」と数々の建築賞を受賞した建築作品です。
徳岡昌克の建築に取り組む信条である「素材と建築」。その信条のきっかけはアメリカにありました。一級建築士として竹中工務店で働いていた徳岡は、1960年代に賜暇をもらい、建築の最先端を進んでいたアメリカに渡ります。現地の建築事務所で働きながら現代建築について学び、この信条を抱きました。本展覧会では、その過程を紐解く資料と共に徳岡昌克の人間像をご紹介します。
そして20年前に徳岡が設計した織田廣喜美術館。設計が依頼され完成するまでの過程を垣間見ることで、素材、ディティール、地域性への配慮など風土とデザインについて、改めて建築の意義に迫ります。
― 受賞歴 ―

建築賞
1985年 第26回BCS賞 稲沢市萩須記念美術館
1989年 第30回BCS賞 志賀町民センター
1992年 第3回公共建築賞優秀賞 志賀町民センター
1993年 第39回大阪建築コンクール特選(知事賞) 大阪府営高槻城東住宅
      第6回福岡県建築住宅文化賞大賞 田川市文化エリア
1994年 第18回hiroba作品賞入選 神戸市立小磯記念美術館
1997年 第9回福岡県建築住宅文化賞大賞 碓井町立碓井琴平文化館
      第8回ブルガリア世界建築トリエンナーレ ウィーン市長賞 碓井町立碓井琴平文化館
1998年 医療福祉建築賞1997受賞 志賀町デイサービスセンターふれあいセンター
1999年 AIAデュポン・ベネディクタスアワード 特別賞 VOビルディング
2000年 第12回福岡県建築住宅文化賞優秀賞 小石原焼伝統産業会館
      第25回建築士事務所全国大会建築作品表彰 建設大臣賞 小石原焼伝統産業会館
      第24回hiroba作品賞入賞 三輪町複合施設(めくばーる三輪)
2001年 第13回福岡県美しいまちづくり賞大賞 三輪町複合施設(めくばーる三輪)
2002年 第8回公共建築賞優秀賞 能登川文化情報センター
      第8回公共建築賞地域特別賞 碓井町立碓井琴平文化館
2004年 第9回公共建築賞優秀賞 三輪町複合施設(めくばーる三輪)
2013年 第13回JIA25年賞 志賀町民センター
2014年 第14回JIA25年賞 稲沢市萩須記念美術館
2015年 第15回JIA25年建築 沖縄市民会館
全国公開コンペ入賞
1977年 沖縄市民会館最優秀賞
1982年 稲沢市萩須記念美術館最優秀賞

― 関連事業 -

建築家 徳岡昌克 講演会
日時:8月6日(土)14:00~
開場:館内市民アトリエ
参加費:無料
定員:50名(事前申込不要)
内容:嘉麻市立織田廣喜美術館を含む、碓井琴平文化館を設計した建築家徳岡昌克氏による、建築に対する信条についての講演会を開催します。

page_top

越前市今立総合支所基本設計・実施設計業務が『日刊建設工業新聞』に掲載されました

2016.06.20(月)日刊建設工業新聞より抜粋

『越前市今立総合支所』

『越前市今立総合支所』

6階延べ1.2万m²新本庁舎の基本設計公表

福井県越前市は、合併特例債を活用して行う市役所本庁舎(旧武生市役所)建設と、今立総合支所(旧今立町役場)建設事業の基本設計概要を公表した。本庁舎はS造6階建て延べ1万1900平方メートルで、制振構造を採用。市民利用機能を備えた今立総合支所はRC一部S造平屋1835平方メートルを計画している。いずれも17年度に着工する。

新しい本庁舎(府中1の13の7ほか)は6階建てで、東側の1階から5階まで行政執務機能を配置し、低層階に市民関連の窓口機能を集約する。西側の1、2階が市民利用機能で、1階に多目的ホールなどを設置。3、4階には議会機能を設け、屋上庭園も整備する。6階が機械室となる。外観は和紙をすいて1枚1枚積層していく越前ならでは情景をモチーフとし、水平線が幾重にも重なる横強調のデザイン計画。雪対策として耐雪構造の陸屋根形態を採用する。

現庁舎を使用しながらの建て替えとなるため、現在の市民ホール・生涯学習センター・東公民館がある位置に1期工事として新庁舎を建設。引っ越し後に現本庁舎・別館を解体撤去し、2期工事(大屋根工事)と外構工事を行う。本庁舎の完成は19年度、広場などを含む全体の完成は20年度を目指す。設計を佐藤総合計画・寺崎建築事務所JVが担当している。今立総合支所(粟田部町11の35)は、支所北側のふれあいプラザを解体撤去し、多目的ホール(250人収容)など市民利用機能を備えた複合施設として改築する。地域の町並みを構成する低層の民家に配慮した建物構成とし、板堀や和紙・木格子など伝統工芸の要素を全体の計画に取り入れる。設計を徳岡設計・安久建築事務所JVが担当。完成は18年度、周辺整備を含む全体の完成は20年度を予定している。

page_top

徳岡浩⼆が木造CLT工法の講習会を企画しました。

平成28年6⽉3⽇

徳岡浩⼆が⼤阪府建築⼠会事業委員会の委員⻑として⽊造CLT⼯法の講習会を企画しました。


徳岡浩二 司会 CLT工法 講習会

講習会を司会する 徳岡浩二


「⽊造建築の新潮流〜⼤規模化とCLT⼯法̲」の講師として 国⼟交通省 中川⽒、京都⼤学 五⼗⽥⽒、㈱⽊質環境建築 河原⽒の3名をお招きして、

CLT⼯法の今後の展開等についてご説明していただきました。

page_top

『福井地方検察庁武生支部・武生区検察庁』が竣工しました

takefu1福井地方検察庁武生支部・武生区検察庁

本プロジェクトは従前の検察庁舎の狭隘化・老朽化の改善と機能向上を図るための建替えです。 施設の性格上、高度なプライバシーとセキュリティの確保の必要性が要求されるため、外観においては窓の位置、大きさ等に細心の注意を払いデザインを行いました。敷地は旧中心市街地から離れているものの旧国道に面していることから、越前市の伝統的な町家の意匠をデザインモチーフに取り入れ、外装材は木の縦格子をイメージさせるリブ付押出成形セメント板を採用し、色彩についても落ち着いた佇まいを醸し出す古美色を基調としました。 共用部の内装に「公共建築等における木材の利用の促進に関する法律」を踏まえ、木材を積極的に採用しています。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved