ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ

ゆずり葉の歩み

『会津森林管理署南会津支署』が建設通信新聞に掲載されました。

e3808ee4bc9ae6b4a5e6a3aee69e97e7aea1e79086e7bdb2e58d97e4bc9ae6b4a5e694afe7bdb2e3808fe3818ce5bbbae8a8ade9809ae4bfa1e696b0e8819ee381ab3e3808ee4bc9ae6b4a5e6a3aee69e97e7aea1e79086e7bdb2e58d97e4bc9ae6b4a5e694afe7bdb2e3808fe3818ce5bbbae8a8ade9809ae4bfa1e696b0e8819ee381ab4

より良い公共建築をサポート

国および地方公共団体などの公共建築は、建築文化、都市文化、地域文化などの拠点としてだけでなく、防災拠点などとしての役劃を担っている。よりよい公共建築をサポートする国土交通省官庁営繕部の役割も、重要性を増している。こうした中、働き方改革、生産性向上のため、適正な工期設定の推進、営繕工事での現場閉含む週休2日工事のモニタリング実施といった施策に加え、BIMの活用拡大、ASPなどの情報共有システム、電子小黒板の本格的な活用、施工合理化技術の導入推進などと、多様な施策展開を図っている。下野博史官庁営繕部長に、「官庁営繕の役割と課題について」を聞くとともに、大森文彦東洋大学教授に「公共建築の新たな使命と役割」について提言を寄せていただいた。併せて各地の特徴的な公共建築をピックアップして紹介する。

働き方改革なども積極推進
国土交通省官庁営繕部役割と展望

会津森林管臨南会支署

会津森林管理署南会津支暑の既存庁舎は、建設後55年を経過した鉄筋コンクリート造の建物で、必要な耐震性能が不足しており、各設備も老朽化が進行していることから、来庁者および職員の安全・安心の確保並びに執務環境改善のため、既存庁舎を取り壊した上で、周敷地内に木造庁舎を新営するものです。施設は、福島県の南西部に位置しており、会津地方の南の玄関口となる地域で、特別豪雪地帯に指定されていることから、雪国に配慮した高床式の断面構成、落雪計画とするとともに、計画地周辺の集落に多く見られる屋根形状をデザインに採り入れ周辺景観との調和に配慮した意匠計画としたほか、構内の機械除雪を行いやすい配置計画とするなど、多雪地においても維持管理・保全しやすい施設整備となるよう配慮した計画としています。また、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」を踏まえ、構造形式を木造(CLTパネル工法)とし、内装の木質化を行ったほか、暖房熱源にペレットボイラーを併用するなど、積極的な木材活用を目指した施設整備を行います。

東北地方整備局営繕部

▷所在地= 福島県南会津郡南会津町山口字村上867ほか

▷構造・規模=木造平屋建て463平方㍍

▷設計=徳岡設計

▷工事監理= 三輝設計事務所

▷建築工事= 会津土建

▷電気設備工事= 東京エネシス

▷機械設備工事=八ツ橋設備

▷工期=2020年10月-21年7月

建設通信新聞 2021年(令和3年)5月18日(火曜日)

PDF

page_top

『ちえの森ちづ図書館』が 【KIPA】tableに掲載されました。

table-vol.7 ちえの森ちづ図書館_2021 05 | KIPA(2021.5.7)

作品名/ちえの森ちづ図書館
所在地/鳥取県八頭郡智頭町智頭
設計・監理/株式会社徳岡設計
施工/ジューケン・原田特定建設工事共同企業体
コンセプト/智恵と和の広がる図書館
図書収容能力/8万(開架5万 閉架3万)
人口/6.9千人(2020/4/1現在)
開館日/2020年11月29日
来館者/20,000人(2021/3/24現在)
(徳岡設計/徳岡浩二 藤城義丈 中島慎一)

page_top

『ちえの森ちづ図書館』が朝日新聞デジタルに掲載されました。

『ちえの森ちづ図書館』が朝日新聞デジタルに掲載されました。

智頭町に新図書館 住民の声反映 29日オープン(2020年11月28日)
https://www.asahi.com/articles/ASNCW6QWWNCTPUUB00F.html

________________________________

鳥取県智頭町に新図書館「ちえの森ちづ図書館」ができ、28日に完工式がある。構想段階から住民の意見を採り入れ、子どもから大人まで学び、集える図書館になっているという。29日にオープンする。

町の玄関口・智頭駅前にある。平屋で広さ約1100平方メートル。利用者が紹介したい本を置く「つながる本棚」を設置し、勉強ができる「スタディルーム」やネットが利用できる「書斎」、ソファが四つの「くつろぎコーナー」を設けた。飲食可の「つどいの部屋」もある。

「たたみコーナー」と靴を脱ぐ「えほんコーナー」を隣り合わせにして、世代間交流ができるようにした。屋外には、智頭駅が間近に見える展望デッキ、ビオトープなどを配置した。

智頭町の図書館は、新図書館そばの町総合センター2階にある。中央公民館の図書室として出発し、広さ約140平方メートル。蔵書をすべて並べることはできず、子どもたちが勉強できる席も少なかった。

新図書館を望む住民の声もあり、町は2017年12月、新図書館の基本構想を策定し、約6億円の建設事業を進めてきた。これまで計9回のワークショップを開くなどし、住民の声を基本計画や設計に反映させてきた。

現在の図書館から約6万冊の蔵書を新図書館に運ぶ作業を終え、職員は現在、本棚に本を並べる作業などに追われている。館長の国岡厚志・町教委教育課長は「今後も住民や利用者と一緒に、この図書館を作り上げていきたい」と話している。(石川和彦)

________________________________

PDF

page_top

ちえの森ちづ図書館2020年11月29日開館記念movie

ちえの森ちづ図書館 - 鳥取県八頭郡智頭町 (town.chizu.tottori.jp)(HP)

2020年11月29日に開館した時の様子を撮影・編集した映像です。
2021年4月現在で来館者数2万人(智頭町人口約6.9千人)を超えています。

ちえの森ちづ図書館は、「智恵と和の広がる図書館 ~であい、つながり、まなびあう~」をコンセプトとして、基本構想・計画の「図書館の役割」、「智頭図書館 のありたい姿」について住民ワークショップを通して共創した町の拠点です。利用者それぞれの図書館への想い、活動や居場所のあり方について話し合い、ともに つくりあげてきた結晶です。敷地の南北を結ぶ「本の森」の空間を支える屋根架構のトラスや書架、家具を智頭杉で製作し、統一感のある木の空間を創出しています。(株式会社 徳岡設計)

ちえの森ちづ図書館

page_top

『吹田市立建都ライブラリー』が「近代建築vol.75 2021」に掲載されました

『吹田市立建都ライブラリー』が「近代建築vol.75 2021」に掲載されました。

e8bf91e4bba3e5bbbae7af893_e3839ae383bce382b8_1

e581a5e983bde383a9e382a4e38396e383a9e383aae383bc_0226-2_e3839ae383bce382b8_1

e581a5e983bde383a9e382a4e38396e383a9e383aae383bc_0226-2_e3839ae383bce382b8_2

公園と一体化した図書館

吹田市立健都ライブラリーは従来の図書館の基本機能に加え、北大阪健康医療都市(健都)のコンセプト、『健康に「気づき」、「楽しみ」ながら「学べる」』に基づき、多世代が集い、交流し、気軽に健康づくりに取り組むことができる場づくりを目指している。
一体に整備された健都レールサイド公園の健康増進広場には、医学的知見に基づく健康遊具やウォーキングコースがあり、健都ライブラリーでは、1階に配置された健康・医療・スポーツコーナーを健康の学びの拠点として、健康づくりプログラムを実施している。
四方に視界が広がる、2層の床とカーテンウォールの透明感ある構成で、連続する空間への視線のつながり、それぞれの空間の目的に応じた光のコントロール、空間のスケールや形状・素材により目的に応じた居心地の良い場所づくりに配慮した。
広場に面した玄関廻りには、健康・医療・スポーツに特化した書籍を集めたコーナー、憩いの場としてカフェスペースを配置、その他1階には雑誌や新聞、視聴覚資料が利用できる。2階には一般的な図書機能として、えほんや児童書、一般書がわかりやすく配架され、図書館活動の場として多目的室を2階屋外テラスに面して配置している。健康増進広場とつながる大階段は、ギャラリーのベンチとしての役割を持ち、吹田メモリアルの0系新幹線を望みつつ2階の開架室へと利用者を誘う。深い軒下空間は、多様な内外の活動を相互に感じられる交流の空間となっている。

吹田メモリアル 新幹線と図書館

1923(大正12)年、国鉄吹田操車場の操業開始により「操車場のまち」と呼ばれたこの場所で、操車場の歴史、この地での発掘の記録を定期的に紹介し、様々な世代から根強い人気の0系新幹線先頭車両を展示することで、高度成長期を支えた鉄道のまちの記憶を伝えている。
市民が吹田の歴史にふれるきっかけを提供することで、博物館へのポー
タルとしての機会となる。

図書館と北大阪健康医療都市(健都)のまちづくり

吹田操車場跡地では、新たな都市拠点へ土地利用の転換を図るため、都市計画道路や公園・緑地、ライフラインの整備を土地区画整理事業により進めてきた。国立循環器病研究センター、市立吹田市民病院の移転や、医療関連企業・研究機関を誘致・集積し、医療機関と医療関連企業などが集積した国際級の複合医療産業拠点(医療クラスター)の形成を目指し、「健康・医療のまちづくり」を進めている。
健都ライブラリーは、健康と知恵の両面から活き活きと生きる「生涯活躍のまち」としての新しい「すいたのまちづくり」を体現している。

(徳岡浩二、藤城義丈/徳岡設計)

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved