ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 新聞掲載情報

ゆずり葉の歩み

大阪樟蔭女子大学 徳岡昌克公開講座/建設通信新聞

建設通信新聞090929

建設通信新聞090929

2009.9.29(火)建設通信新聞 

 大阪樟蔭女子大学は25日、大阪府東大阪市にある同大学小坂キャンパスで、徳岡昌克建築設計事務所代表取締役会長による講演会を開いた。公開講座の一環で「風土とデザイン」をテーマに講演、学生ら200人が聞き入った。
 京都工業専門学校(現・京都工繊大)を卒業して竹中工務店に勤務した約30年間と独立し事務所を設立した83年以降の2部構成で、人一倍の努力を積みながら建築のあるべき姿とは何かを考えた20歳代、休職して2年間ムーマ建築事務所やC・F・マーフィー建築事務所に勤務した米国時代の思い出、独立の経緯など、50年以上に及ぶ建築人生を振り返った。「建築とは大勢の人生が織りなすもの。一朝一夕にはできない」「建築とは社会教育の場である」「技術と愛着がなければ建築はもたない」など、参加者は経験に裏打ちされた徳岡会長の言葉に耳を傾けていた。

page_top

大阪樟蔭女子大学 徳岡昌克公開講座/日刊建設工業新聞

日刊建設工業新聞090929

日刊建設工業新聞090929

 2009.9.29(火)日刊建設工業新聞 

 建築家・徳岡昌克氏が25日、大阪樟蔭女子大学(大阪府東大阪市)小坂キャンパスで公開講座として「建築-風土とデザイン」をテーマに講演した。竹中工務店社員時代の初期作から最近の作品までを映像で紹介しながら、コンセプトやデザインを説明するとともに、その時々に考えた建築に対する思いなどを披露した。
 徳岡氏は、最初に池田銀行や高知大丸、大阪国際見本市施設などについて、発注者と交わしたやりとりや、建築界を取り巻くトレンドなどを説明。翼を広げた親鳥が小鳥を守るイメージを表現した関西大学幼稚園は仏建築雑誌にも紹介され、「(建築家としての)デビュー作になった」と振り返った。
 また米国時代に接した建築家エーロ・サーリネンの「ダレス国際空港ターミナル」「セントルイスのゲートウェイ・アーチ」などの作品に対する思いを明らかにするとともに、「愛着を持ってまちに住んでもらうには自慢できるところをつくる必要がある」などと当時感じたことを表明。
 続いて「めくばーる三輪」(福岡県)など最近の12作品を紹介しながら「建築は24時間、風雪と時代のあぶくにさらされる。そのことをよく考えその建築に使うべき材料や技術を考えないと長くはもたない」「光と陰を操作しなければ感動的な建築はできない。人間の心を写す物語性を入れる必要もある」などと述べた。
 最後に建築を志す若い人たちに「理論や経験は大切だが、一生懸命にものを作ってほしい。それができれば時代の先の建築が見えてくる」とエールを送った。

page_top

佐伯税務署(21)外設計業務(特定)が『建設通信新聞』に掲載されました

n20090824_e4bd90e4bcafe7a88ee58b99e7bdb22009.8.24(月)
建設通信新聞

 九州地方整備局は、佐伯税務署(21)外設計業務の簡易公募型プロポーザルを実施した結果、徳岡昌克建築設計事務所・傳設計JVを特定した。近く契約する。
 佐伯税務署は環境負荷低減に配慮した建築物(グリーン庁舎)として建て替える。また、木材活用モデル工事に指定し、間伐材などの木材利用を進める。
 規模はRC造2階建て延べ1384平方メートル。業務は、建築と設備、外構などの基本設計と実施設計となる。履行期間は2010年3月19日。建設地は大分県佐伯市蟹田9-5。

page_top

北摂霊園管理棟建替業務が『建通新聞』に掲載されました

建設通信新聞 北摂霊園2009.7.6(月)建通新聞

【能登】大阪府タウン管理財団は、北摂霊園の管理棟建て替えを計画しており、徳岡昌克建築設計事務所(尼崎市)に依頼して基本設計を進めている。2009年度中に実施設計もまとめ、10年度に工事を発注したい考え。
 規模や構造の詳細は、これから検討する。現在の管理棟の規模は鉄筋コンクリート造地下1階地上2階建て延べ558㎡。1973年の完成で、老朽化が進んでいることから建て替えが計画された。建て替え後の規模は、既設よりも若干大きくなる見通しだ。場所は高山。

page_top

北稜中学校建て替え2期工事が 『建通新聞』に掲載されました

北稜中学校建替え2期 

北稜中学校建替え2期 

2009.01.13(火)建通新聞
「仮設校舎を月内発注-北稜中学校建て替え2期」

 大阪市都市整備局は1月の発注予定工事として「北稜中学校第2期仮設校舎設置」を公表した。プレハブ校舎が完成する本年7月に合わせて、第2期の建築工事を発注する見通しだ。
 建設地は天満橋1-1-58。今回発注の工種はプレハブ工事。規模はプレハブ鉄骨造2階建て延べ300㎡。指名競争入札で発注する。
 市教育委員会は、老朽化に伴う北稜中学校の全面建て替えを進めている。第2期工事は校舎棟1棟を計画。規模は鉄筋コンクリート造5階建て延べ2,300㎡を見込む。実施設計(プレハブ含む)は徳岡昌克建築設計事務所(大阪市北区)が担当しほぼ完了している。
 同中学校の現校舎は1957~58年に完成。老朽化が進んでおり、既存校舎5棟を段階的に建て替える。1期工事では校舎棟(鉄筋コンクリート造4階建て延べ1,198㎡)を建設中だ。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved