ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 新聞掲載情報

ゆずり葉の歩み

『竹富町役場新庁舎』開庁について八重山毎日新聞に掲載されました。

220501e696b0e8819e_e7abb9e5af8ce696b0e5ba81e8888e_e9968be5ba81

祝・竹富町役場新庁舎 あす 開庁

ごあいさつ
竹富町長 前泊正人
竹富町役場新庁舎開庁にあたり、ごあいさつを申し上げます。
かねてより建設を進めてまいりました竹富町役場新庁舎が、コロナ禍という前例のない状況下にありながらも開庁できますことは、まことに慶祝の極みであり、町民皆様をはじめ、関係機関並びに建設工事にご尽力いただいた関係者の皆様に厚くお礼を申し上げます。
顧みますと、竹富町役場旧庁舎は、建築から50年余が経過し、老朽化が顕著であったこと等が指摘され一刻も早い新庁舎の建設が待ち望まれておりました。
このたび、誕生した新庁舎は、耐震・耐火性にも優れたユニバーサルデザイン採用の鉄鋼造5階建ての複合施設として建設され、これまで分散していた農林水産課や教育委員会、町議会が新庁舎へ一元化されるほか、新庁舎の大きな特徴である簡易宿泊施設、竹富町関係機関事務所等も併設されることからますます利便性の向上が図られることと思います。
特に町民皆様が多く利用する窓口は、迅速かつ親切な対応を第一に考え、一階フロアに昨日を集約配置し、申請手続等の負担軽減が図られるように総合窓口を設置しております。さらに、非常用発電機や重要機器等を上層階に配置するなど、災害時における町民の安全安心を守る対策本部の拠点としての機能も最大限発揮できるよう構築しております。
さて、いよいよ5月2日には新庁舎での業務がスタートいたします。
この新庁舎の落成を契機として、これまで以上にきめ細やかな町民サービスの充実を目指し、職員一丸となって全力で取り組むし余損でございます。
結びに、竹富町役場新庁舎開庁にあたり、多大なご支援ご協力を賜りました国・県をはじめ、町民皆様、関係各位に対し、衷心より厚く御礼を申し上げ、ごあいさつといたします。

令和4年5月1日竹富町議会
議長 新田長男

このたび、竹富町民が待ち望んでおられました、竹富町役場新庁舎が完成し、開庁の運びとなりましたことは、誠によろこびに堪えないところでございます。竹富町議会を代表して、心よりお祝い申し上げます。
竹富町役場旧庁舎は、昭和51年12月に旧ボウリング場の一部の建物を購入し、翌年9月の移転と同時に業務を相曽してから43年余に渡り、島々の均衡ある発展の礎として町民に親しまれてきましたが、建物の老朽化や耐震性能の不足、危険家屋化などの問題も指摘され、大規模災害の発生時に役場庁舎が担うべき役割や機能を十分に果たすことは困難な状況でありました。
このたびの新庁舎は、大規模災害発生時でもあらゆる事態に冷静、的確に対処できるよう耐震性、耐火性能に優れた建物となっており、浸水対策も考慮し電気室などの設備室は5回に設置されております。
また、庁舎機能と併せて、町関係機関・団体の事務所、売店並びに簡易宿泊施設も整備されており、あらゆる手続等をノンストップで行うことができる利便性の高い複合施設となっております。
町議会の議場においても、最新のマイクシステムや映像配信機能が備えられており、傍聴席には車椅子スペースも設置されました。
私どもは、二元代表制の一翼を担う議会としての責務を果たすため、諸先輩方が培ってこられた豊富な志を新議場にも引き継ぎつつ、新庁舎と新議場の機能を十分に活用しk、議会活動を一層推進してまいります。
結びに、町民の皆様をはじめ、新庁舎の整備にあたり、これまでご尽力いただきました関係各位にあらためて深く感謝申し上げるとともに、皆様方のご健勝、ご多幸、あわせて新庁舎が町民から末永く愛されるよう心より祈念し、お祝いの言葉と致します。
令和4年5月1日

page_top

『千早赤阪村新庁舎』が建設工業新聞に掲載されました。

20211206e58d83e697a9e8b5a4e59d82e69d91_edit

大阪府千早赤阪村は6日、2日に開札した事後審査型条件付き一般競争入札の「千早赤阪村新庁舎建替
え工事」について、村本建設を落札者とする入札結果を公表した。落札金額は6億円(税抜き)。入札には5者が参加した。
概要は新庁舎 (RC造3階建て延べ1519平方㍍、建築面積543平方㍍)の建築、電気設備、機械設備、昇降機設備、外構、植栽、旧校舎撤去各一式。場所は水分。工期2023年9月29日。予定価格は6億5285万2000円(税抜き)、最低制限価格は5億6967万円(同)。
その他参加者は大末建設、青木あすなろ建設、松井建設、鍛冶田工務店。基本設計および実施設計は徳岡設計が担当した。

日刊建設工業新聞 2021.12.8

page_top

10月8日は「木材利用促進の日」-「建通新聞」に徳岡浩二取材記事が掲載されました。

202110e382b9e382ade383a3e383b3-2021e5b9b410e69c8812e697a5e381aee382b3e38394e383bce4bd8ee794bbe8b3aa

10月8日は「木材利用促進の日」

10月8日は「木材利用促進の日」だ。10月1日に施行された改正公共建築物等木材利用促進法は「脱炭素社会の実現」を理念に掲げており、官庁施設から民間施設へも対象が広がった建築物への木材利用を進めることで、世界的な環境課題に公共と民間の両者が取り組むことになる。木材利用さらに促進するためには、木材に関わる”川上” と”川下”それぞれが抱える課題の解決が求められる。

まず「日本は森林面積の割に林業従事者が圧倒的に少ない」と、川上の課題について指摘したのは大阪府木材連合会の津田潮会長だ。”切り時”を迎えている人工林の伐採に携わる林業従事者の雇用を増やすためには「儲かる林業を目指さなくてはいけない」と、大阪府環境農林水産部みどり推進室森づくり課の田中武次課長は語る。
「儲かる林業」を実現するためには木材が使われなければならない。鍵となるのは川上と川下のつながりだ。大阪府建築士会の徳岡浩二特任相談役は「日本の山とまちのつながりは希薄だ。木造建築を増やすために山とまちで木材の情報を共有する必要がある」と話す。供給側が山にある木材資源の情報を提供し、需要側にいる設計者が設計段階から使用したい木を指定することで、木材がしっかり行き渡る。少ない山林従事者でも効率的に木を切ることが可能だという。

国産材の需要増大が鍵

「儲かる林業」のために必要なもう一つの鍵が国産材の需要増大だ。日本国内にも影響を及ぼしているウッドショックは、外国産材への依存をあらわにした一方で、日本の木材需要の高さを示した。この需要を国産材に向けることができればいい。
ただ、国産材を利用する場合にも大きな課題がある。木造な らではの設計・施工を知る技術者の不足や木造建築物を維持管理する技術力の不足、耐久・ 耐火性のある製材技術の不足などだ。これらの課題に対抗するには「木造建築物について知るきっかけを作り、木材の利用法用を広く周知する必要がある」と林野庁近畿中国森林管理局の山口琢磨・前局長は話す。
同庁では「ウッド・チェンジ・ネットワーク」という懇談会を設置し、民間非住宅建築物などの木材利用促進に力を入れ始めた。同様に大阪府は、府内産の木材を活用した公共施設の木質化を促進する事業を展開、大阪府木材連合会と大阪府建築士会は大阪・関西万専の主要施設などでの木材活用を提案し、木造や木質化された施設に触れる機会を増やそうとしている。

官庁施設
木材利用を推進

また、国土交通省近畿地方整備局営繕部の高井雅木課長も 「法改正で民間に対象が拡大されたからこそ官庁施設の木材利用促進を一層進めたい」と、官庁施設の木材利用に引き続き率先して取り組むことで民間を先導する役割を担う思いだ。

木材利用の促進に向け、川上と川下にいる関係者が協力し合 い、全体像を見ながら対策に取り組むことが双方の課題解決への近道になりそうだ。「木材利用促進月間」はあと23日間続く。木材利用を促進するために建設業界と林業界が連携を深め、できることを一丸となって考える期間にしたい。

page_top

『会津森林管理署南会津支署』が建設通信新聞に掲載されました。

e3808ee4bc9ae6b4a5e6a3aee69e97e7aea1e79086e7bdb2e58d97e4bc9ae6b4a5e694afe7bdb2e3808fe3818ce5bbbae8a8ade9809ae4bfa1e696b0e8819ee381ab3e3808ee4bc9ae6b4a5e6a3aee69e97e7aea1e79086e7bdb2e58d97e4bc9ae6b4a5e694afe7bdb2e3808fe3818ce5bbbae8a8ade9809ae4bfa1e696b0e8819ee381ab4

より良い公共建築をサポート

国および地方公共団体などの公共建築は、建築文化、都市文化、地域文化などの拠点としてだけでなく、防災拠点などとしての役劃を担っている。よりよい公共建築をサポートする国土交通省官庁営繕部の役割も、重要性を増している。こうした中、働き方改革、生産性向上のため、適正な工期設定の推進、営繕工事での現場閉含む週休2日工事のモニタリング実施といった施策に加え、BIMの活用拡大、ASPなどの情報共有システム、電子小黒板の本格的な活用、施工合理化技術の導入推進などと、多様な施策展開を図っている。下野博史官庁営繕部長に、「官庁営繕の役割と課題について」を聞くとともに、大森文彦東洋大学教授に「公共建築の新たな使命と役割」について提言を寄せていただいた。併せて各地の特徴的な公共建築をピックアップして紹介する。

働き方改革なども積極推進
国土交通省官庁営繕部役割と展望

会津森林管臨南会支署

会津森林管理署南会津支暑の既存庁舎は、建設後55年を経過した鉄筋コンクリート造の建物で、必要な耐震性能が不足しており、各設備も老朽化が進行していることから、来庁者および職員の安全・安心の確保並びに執務環境改善のため、既存庁舎を取り壊した上で、周敷地内に木造庁舎を新営するものです。施設は、福島県の南西部に位置しており、会津地方の南の玄関口となる地域で、特別豪雪地帯に指定されていることから、雪国に配慮した高床式の断面構成、落雪計画とするとともに、計画地周辺の集落に多く見られる屋根形状をデザインに採り入れ周辺景観との調和に配慮した意匠計画としたほか、構内の機械除雪を行いやすい配置計画とするなど、多雪地においても維持管理・保全しやすい施設整備となるよう配慮した計画としています。また、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」を踏まえ、構造形式を木造(CLTパネル工法)とし、内装の木質化を行ったほか、暖房熱源にペレットボイラーを併用するなど、積極的な木材活用を目指した施設整備を行います。

東北地方整備局営繕部

▷所在地= 福島県南会津郡南会津町山口字村上867ほか

▷構造・規模=木造平屋建て463平方㍍

▷設計=徳岡設計

▷工事監理= 三輝設計事務所

▷建築工事= 会津土建

▷電気設備工事= 東京エネシス

▷機械設備工事=八ツ橋設備

▷工期=2020年10月-21年7月

建設通信新聞 2021年(令和3年)5月18日(火曜日)

PDF

page_top

『ちえの森ちづ図書館』が朝日新聞デジタルに掲載されました。

『ちえの森ちづ図書館』が朝日新聞デジタルに掲載されました。

智頭町に新図書館 住民の声反映 29日オープン(2020年11月28日)
https://www.asahi.com/articles/ASNCW6QWWNCTPUUB00F.html

________________________________

鳥取県智頭町に新図書館「ちえの森ちづ図書館」ができ、28日に完工式がある。構想段階から住民の意見を採り入れ、子どもから大人まで学び、集える図書館になっているという。29日にオープンする。

町の玄関口・智頭駅前にある。平屋で広さ約1100平方メートル。利用者が紹介したい本を置く「つながる本棚」を設置し、勉強ができる「スタディルーム」やネットが利用できる「書斎」、ソファが四つの「くつろぎコーナー」を設けた。飲食可の「つどいの部屋」もある。

「たたみコーナー」と靴を脱ぐ「えほんコーナー」を隣り合わせにして、世代間交流ができるようにした。屋外には、智頭駅が間近に見える展望デッキ、ビオトープなどを配置した。

智頭町の図書館は、新図書館そばの町総合センター2階にある。中央公民館の図書室として出発し、広さ約140平方メートル。蔵書をすべて並べることはできず、子どもたちが勉強できる席も少なかった。

新図書館を望む住民の声もあり、町は2017年12月、新図書館の基本構想を策定し、約6億円の建設事業を進めてきた。これまで計9回のワークショップを開くなどし、住民の声を基本計画や設計に反映させてきた。

現在の図書館から約6万冊の蔵書を新図書館に運ぶ作業を終え、職員は現在、本棚に本を並べる作業などに追われている。館長の国岡厚志・町教委教育課長は「今後も住民や利用者と一緒に、この図書館を作り上げていきたい」と話している。(石川和彦)

________________________________

PDF

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved