ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > 設計作品 戸建住宅 > 東平の家

東平の家

東平の家・住宅1
インフォメーション

物 件 名 :

東平の家

所 在 地 :

大阪府大阪市中央区

施  工 :

鞄ソ岡工務店

建築要素 :

鉄骨造・ALC下地・砂壁状仕上材コテ塗・いぶし銀色ガルバリウム鋼板小波板・ステンレスアングル目地・杉板型枠・ガルバリウム鋼板一文字葺き

コンセプト:
江戸時代に大阪で創流された日本舞踊・上方舞の六世宗家の自宅兼稽古場である。鉄骨造4階建とし、公私の切替えが図れるよう1,2階はパブリック、3,4 階はプライベートと空間を分けている。2階の稽古場の腰板には以前の稽古場の床板を用いている。外装はALC下地に砂壁状仕上材のコテ塗とし、目地幅を調整するため樹脂モルタルで目地を潰した上で誘発目地を兼ねた押し目地の意匠としている。コーナー部分はいぶし銀色のガルバリウム鋼板の小波板とステンレスアングル目地でデザインしている。バルコニーの腰壁は杉板型枠のコンクリート打放しとしてヴォリュームに変化を持たせ、屋根はガルバリウム鋼板の一文字葺きとしている。現代の材料・工法を用いながらも日本の伝統を表現し、歴史の継承と発展の拠点を目指した。

東平の家・エントランス 東平の家・稽古場
戸建住宅へ戻る
Copy Right (c) 2011 Tokuoka Sekkei.LTD All Right Reserved