ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ

ゆずり葉の歩み

能舞台のある家・エミール・ガレのあるゲストハウスが『住宅作家・住宅作品特集』に掲載されました

能舞台のある家・エミール・ガレのあるゲストハウス

能舞台のある家・エミール・ガレのあるゲストハウス

能舞台のある家はこちら

エミール・ガレのあるゲストハウスはこちら

(一部抜粋)建築主の好みによるが、住宅は木の張らない住み易く長持ちするのが良いと思っています。一生に家を建てることはなかなか難しいので前の世代が自分の代も使える家を残してくれればとても助かります。木造在来工法の家は増改築し易いのでこのニーズに合っています。もちろん立地条件にもよりますし、さらに良い棟梁にめぐり合うことも至難となりました。いつも、この家で木造住宅の設計も最後かなあと思いながら骨太い木柄に魅力を感じています。     

徳岡昌克

page_top

吹田保健所・児童相談所が『公共建築整備指針』に掲載されました

吹田保健所・児童相談所

吹田保健所・児童相談所

大阪府吹田保健所・子ども家庭相談センター
 保健所は、疾病の予防、健康増進、生活衛生などに関する公衆衛生活動の中心機関として、府民の生活と健康に極めて重要な役割を果たしている。このことを踏まえ、長寿社会の進展や人々のライフサイクルの変化に伴い、従来の保健所業務に加え、保健・福祉・医療の総合相談窓口機能を整備したところである。このほか施設整備については、老朽・狭隘化の解消とともに、府民のニーズに応じた新たな事業に必要な施設の拡充が課題となっている。
 このため、基本指針の展開にあたっては、特に次の点に留意する必要がある。
● 地域における保健・福祉・医療の総合的な拠点作り
● 視聴覚室や多目的学習室など、生涯学習を支援する施設づくり
● 高齢者、障害者、妊婦・乳幼児などにやさしい施設づくり

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved