ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > NEWS > 徳岡昌克展に展示している壁瓦について『日本屋根経済新聞』に掲載されました

ゆずり葉の歩み

徳岡昌克展に展示している壁瓦について『日本屋根経済新聞』に掲載されました

2016.8.28 日本屋根経済新聞から抜粋

nihonnyaneshinbun-kawara

いぶし色の特注壁瓦 -6千枚採用、福岡で展示も―

8月6日から9月4日まで、福岡県嘉麻市の市立織田廣喜美術館で開かれている「建築家/徳岡昌克展」に、石州産地の(株)丸惣(本社・江津市、佐々木賢一社長)が特注で製造した壁瓦(写真)が展示され、注目を集めている。

今回の展示は、徳岡昌克氏が代表取締役を務める(株)徳岡設計九州事務所(福岡市)の設計による福岡県の朝倉市秋月博物館の建て替え工事で、丸惣製壁瓦が6630枚採用されたことがきっかけ。壁瓦の施工は朝倉市の屋根工事業、(有)本石産業(本石敏明社長)が行って今春に終えているが、建物は現在も建設中で、博物館のオープンは平成29年秋の予定。

博物館に施工された壁瓦はいぶし色の施釉製品で、寸法は全長290mm×全幅240mm×厚み約25mm。設計側の「壁を武士の鎧のイメージにデザインしたい」との要望に、いぶし色の壁瓦を提案して採用された。製造は同社の大田工場で、瓦と混焼した。

壁瓦の施工は、RCの壁にアンカーボルトを出し、縦の鋼材と横の鋼材を組んで、壁瓦の裏面に取り付けたフックを横の鋼材に差し込んでいくもの。島根県益田市にあるグラントワ(島根県立芸術文化センター)の壁瓦と同じ施工法とされる。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved