ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > NEWS > 徳岡昌克展が『毎日新聞』に掲載されました。

ゆずり葉の歩み

徳岡昌克展が『毎日新聞』に掲載されました。

2016.8.6(土)毎日新聞より抜粋

空から見ても美しい建築「徳岡昌克展」が開幕 -きょう嘉麻市・織田美術館―

開館20年を迎えた嘉麻市上臼井の織田廣喜美術館で6日、この建物を設計した徳岡昌克さん(86)の業績をたどる「建築家 徳岡昌克展」(毎日新聞社など後援)が開幕する。年月を経て相応の美しさを保ち、上空から見ても美しい建築作品のエッセンスを紹介する。9月4日まで。

京都工業専門学校(現・京都工繊大)に学んだ徳岡さんは竹中工務店を退社後に独立した。

織田廣喜美術館▷郷土館▷平和祈念館▷図書館― の複合施設「碓井琴平文化館」は1996年、炭鉱跡地に完成。波を模した「青海波」模様のしっくい壁面やフランス産岩板のスレートぶき切り妻屋根など特徴的デザインで国内外のさまざまな建築賞を受けた。

展示では琴平文化館のほか、田川市美術館や小石原焼伝統産業館(東峰村)など代表作13点をパネルや模型で紹介。6日午後2時には徳岡さんの講演もある。入館料は一般310円、高校・大学生210円、小中学生100円。  【平山千里】

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved