ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 新聞掲載情報 > 越前市今立総合支所基本設計・実施設計業務が『日刊建設工業新聞』に掲載されました

ゆずり葉の歩み

越前市今立総合支所基本設計・実施設計業務が『日刊建設工業新聞』に掲載されました

2016.06.20(月)日刊建設工業新聞より抜粋

『越前市今立総合支所』

『越前市今立総合支所』

6階延べ1.2万m²新本庁舎の基本設計公表

福井県越前市は、合併特例債を活用して行う市役所本庁舎(旧武生市役所)建設と、今立総合支所(旧今立町役場)建設事業の基本設計概要を公表した。本庁舎はS造6階建て延べ1万1900平方メートルで、制振構造を採用。市民利用機能を備えた今立総合支所はRC一部S造平屋1835平方メートルを計画している。いずれも17年度に着工する。

新しい本庁舎(府中1の13の7ほか)は6階建てで、東側の1階から5階まで行政執務機能を配置し、低層階に市民関連の窓口機能を集約する。西側の1、2階が市民利用機能で、1階に多目的ホールなどを設置。3、4階には議会機能を設け、屋上庭園も整備する。6階が機械室となる。外観は和紙をすいて1枚1枚積層していく越前ならでは情景をモチーフとし、水平線が幾重にも重なる横強調のデザイン計画。雪対策として耐雪構造の陸屋根形態を採用する。

現庁舎を使用しながらの建て替えとなるため、現在の市民ホール・生涯学習センター・東公民館がある位置に1期工事として新庁舎を建設。引っ越し後に現本庁舎・別館を解体撤去し、2期工事(大屋根工事)と外構工事を行う。本庁舎の完成は19年度、広場などを含む全体の完成は20年度を目指す。設計を佐藤総合計画・寺崎建築事務所JVが担当している。今立総合支所(粟田部町11の35)は、支所北側のふれあいプラザを解体撤去し、多目的ホール(250人収容)など市民利用機能を備えた複合施設として改築する。地域の町並みを構成する低層の民家に配慮した建物構成とし、板堀や和紙・木格子など伝統工芸の要素を全体の計画に取り入れる。設計を徳岡設計・安久建築事務所JVが担当。完成は18年度、周辺整備を含む全体の完成は20年度を予定している。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved