ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 新聞掲載情報

ゆずり葉の歩み

『建築-ゆずり葉のデザイン』/日刊建設工業新聞

book_c012003.10.17(金) 日刊建設工業新聞 

「建築へ Vers Une Architecture」

 建築家の徳岡昌克氏が、作品集『生き様のデザイン』に次いで、建築論集『建築-ゆずり葉のデザイン』を著した。「生き様」「ゆずり葉」という言葉に見られるように、優れた建築は優れた思想とそれを支える建築家の生き方と一体である、それは継承されていかなければならないという。徳岡氏を知る人は、誰もが徳岡氏の矜持の高さと謙虚さが、多くの人々に愛され、それが建築として実現していることを指摘する。『建築-ゆずり葉のデザイン』は建築哲学の書なのである。

◇建築家53年の軌跡
 徳岡氏は51年京都工業専門学校(現京都工芸繊維大学)卒業後、竹中工務店に入社。83年同社大阪本店設計副部長で退社。徳岡昌克建築設計事務所を設立する。この間、65~67年に休職してアメリカで設計実務に就く。竹中工務店に都合33年、独立して20年、合わせて53年建築をつくり続けている。今回の著書には66年の滞米中の文章から現在まで、建築家としての全生涯の軌跡が収められている。寄贈者から約100通の感想文がきたことに触れる。
 「贔屓目に見ても、これほどいただいてうれしい。どちらかというと建築家でない人の方が多い。読むにしたがって、言わんとすることが分かってきたという。街づくりをどうすればいいか心配しているが、実際には良く分からない。そうした時に本という形なので、言っていることが深く浸透したのだと思う。これを契機に、建築のことや自分たちの街への理解が広がってほしい」
「アメリカに行ったのは35~36歳の時で、書いたのは現象だけでなく文明論であって本質的なことは今も変わっていない。それが新鮮だといってくれた人もいる。アメリカ人は今も国家に対して忠誠心があり個人として行動している。個人の自覚や見識をしっかりもてば、より優しくなれるという意味が理解できる。そうしたことを建築を通して、文明論として書いた」e5bbbae8a8ade5b7a5e6a5ade696b0e8819e200310

◇美しい街づくりを
「若い人にも読んでほしいが、いまのところ反応が少ない。日本の現状をどうするか。ただ国にすがるのではなく、自分たちでどうするかを考えてほしいからである。それには個人の自覚や見識、生き方がとても大事になってくる。そのことは子供たちや孫たちへとつながっていくことでもある。次の世代に何を残すか。建築で言えば優れた建築をいかに残すかだが、その残し方を考えざるを得ない。つくる時に個々人がもっと訓練し勉強することである」
「日本の現状は全体ビジョンがないため、取り返しのつかない方向に向かっているような感じがする。40年前、こうならなければいいがという方向へきている。文化やテイストを破壊し続けている。建築家もそれらに無関心であっていいはずはない。手を出せば水が出る、という認識では建築はつくれない。建築は総合化だから、ものをつくりあげていく過程の力が大事なのである」
「建築はその建築家が死んでも残っていく。あとは誰が使うのか。長いスパンで建築を考えなくてはならないとだめである。一粒の種がいい方向に発育し別のところで開花していくように、いい街づくりも同じである。それにはどういった環境をつくるのかを、アピールできるかどうかにかかっている」

◇錯綜する現在に方向性を示す
『建築-ゆずり葉のデザイン』は「アメリカで得たもの」「建築とはなにか」「いい街づくりを」「自作について」「エッセイ」で構成されている。いずれも単なる建築論ではない。建築を通して哲学を語っている。徳岡氏の建築は、その哲学が実現されている。景観賞など受賞作品が多い。そこに住む人たちが、どう生活すればいいのかを提案し続けているからである。建築づくりとは何か、建築家とは何か。錯綜する現在にあって、改めてそのことを考えさせてくれる。

page_top

ISO9001(2000年度版)取得致しました

2003.3.19 日刊建設工業新聞より

徳岡昌克建築設計事務所(大阪市北区)は17日、品質管理システムISO09001(2000年度版)の認証登録書を日本建築センターから授与された。認証を取得したのは1日。
 認証取得範囲は、本社を置く大阪事務所と、東京事務所、兵庫事務所、九州事務所、滋賀事務所で行う建築設計と監理業務。
 マニュアルには、まず事務所創設当初から重要としてきた組織理念である▽建築の持つ社会性の追及▽建築の持つ芸術性の追求▽良識のある品質、コスト、工程管理-に留意し、良い建築を求めていくことを挙げている。
 これらを具現化するための品質方針を▽発注者と社会の要求を正しく読みとり、適切な機能を備えた建築を提供する▽社会条件や環境条件に適合した建築提案を行う▽使用目的に合致し、予算条件を満足するコスト計画を行う▽建築生産の合理化に配慮した計画を行い、施工者の品質管理が適切に行われていることを確認する
-と定め、これらを実行するために品質マネジメントシステムを着実に展開するとともに継続的に改善し、地域社会への貢献と永続的存続を目指す。
 ISO推進室を設置し、認証取得の準備・検討に着手したのは00年。02年1月に導入宣言を行い、品質マニュアルの作成に着手し、書類審査を8月に受けた。11月の予備審査を経て、今年1月に登録審査(本審査)を受けた。
 登録所を授与された徳岡浩二社長は「私たちの義務は建築設計・監理で、建物完成後に完了するというものではなく、その後、さまざまな行為がはじまると考えている。使う人がそこで何かを作り出すわけで、それができることが目標の達成になる。認証取得が最終目標でなく、引き続き社会貢献していく事が大切で、さらにシステムを完全にしていきたい」と語った。

page_top

韓国で作品集『Pro Architect』出版/毎日新聞

2000.7.6 毎日新聞
book_c05機能的過ぎる現代建築 生活重視、環境と共生へ
「人間的な癒しを感じさせる」-と大阪市在住の建築家、徳岡昌克さん(70)-の建築が韓国で注目され、作品集がこのほど、同国の建築世界社から出版された。スペインのアントニオ・ガウディはじめ世界の著名な建築家を取り上げたシリーズの1冊で、日本人では伊丹潤さん、伊藤豊雄さんに次いで3人目。徳岡さんは韓国の大学でも講演するなど国際交流を深めている。

出版されたのは1巻で一人をとり上げる「Pro Architect(プロ建築家、PA)シリーズの第17巻。「Masakatsu Tokuoka」のタイトルでA4判、224ページ。
徳岡さんは事務所設立後、約80件の建築を手がけたが、その中から第6回福岡県建築住宅文化大賞(1993年)を受賞し、建設省の公共建築百選にも選ばれた同県田川市文化エリア(美術館、図書館など) はじめ計12点がカラー写真入りで紹介されている。徳岡さんの文章10編のほか、西村征一郎・京都工芸繊維大学教授と上野淳・東京都立大教授の徳岡論も掲載されている。文章はハングル、英語、日本語の3カ国語表記。日本語が掲載されたのは、このシリーズ中で初めてとなった。
 出版のきっかけは、徳岡さんが2年前に出した「建築-生き様のデザイン」(彰国社3200円)。これを徳岡さんの次男で、同事務所社長の浩二さんが、釜山にある仁済大学の田采輝・建築学科教授に交流会で見せた。田教授は作品に注目、韓国でも出版したい、と話が持ち上がった。その後、韓国の建築世界社から鄭光泳社長と徐敬源編集長が来日。二人と会った徳岡さんは「まじめな人だ」と感じ入り「一切お任せします」と承諾したという。
その後、徳岡さんは同大学に招かれて講演。90枚のスライドを使って話したところ「学生は一生懸命聞いてくれた。質問も盛んで、日本の大学とは大違いでした。」と言う。田教授と徐編集長のロングインタビューも受けた。韓国側からは特に日本的な感性や伝統との関わりなどに興味が示された。その記録は作品集に収録され、徐編集長は徳岡さんについて「人の心を癒してくれる植物性建築家である」と賞賛している。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved