ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > NEWS

ゆずり葉の歩み

『智頭図書館』が「近代建築vol.75 2021」に掲載されました

2021e5b9b410e69c88e8bf91e4bba3e5bbbae7af89e7a4bee38080e699bae9a0ade59bb3e69bb8e9a4a8_e3839ae383bce382b8_112021e5b9b410e69c88e8bf91e4bba3e5bbbae7af89e7a4bee38080e699bae9a0ade59bb3e69bb8e9a4a8_e3839ae383bce382b8_2e381aee382b3e38394e383bc

智頭町は因幡街道と備前街道の交わるところに位置し、江戸時代には鳥取藩最大の宿場町として賑わっていた。智頭宿は、鳥取の藩主が参勤交代する際の最初の止宿であり、本陣が作られ、千代川を超えた備前街道には職人通りが伸びていた。
今も因幡街道筋(智頭宿)には石苔家住宅や米原家住宅、塩屋出庖といった非常に立派芯木造建築物が残り、往時の繁栄をしのばせ、備前街道筋(河原町商居街)には水舟を飾り、格子戸が美しい家屋が軒を連ねている。
まちの総面積の約93%を占めるスギをはじめとする山林は、吉野・北山と並,:5,歴史ある林業地として有名で、気候は四季を通じて寒暖の差が激しく、秋から冬にかけて朝霧が美しい。街道から智頭急行の智頭駅へのアプローチには、町役場をはじめ中枢的芯施設や商屈が集積しており、その南端に敷地は位置する。まちにきた公共施設利用者の終着であり、まちに向かう起点ともとらえられる場所で、敷地形状は南北に長く北側に残る桜の木は敷地のアイキャッチである。
この南北に長い敷地と北側の桜を活かして、南北軸で動から静へ開架空間が広がる「本の森」を中心として、利用者の目的に応じた空間(居場所)を組み込んだ。
北側の原っぱと桜の広場から児童開架・絵本の空間へとつ芯がりみんなが通る居間的な居場所を通過し、南の端には地元産の佐治石の石庭を望み静かに読書を楽しめる席を配した。大きな屋根に包まれたワンフロアの空間は、利用者が他の人たちを感じながら自分のやりたいことができるアットホームな場を距離による音の問題への対処によって実現している。
開館まで9回に及ぶワークショップで、利用者の要望と運宮・協力を話しあい、それぞれの場が完成した。
敷地の南北を結ぶ「本の森」の空間を支える屋根架橋は、図書館機能に求められる開架空間のスパンを大断面集成材で架け渡すのではなく、一般の建築に利用される無垢材の智頭杉を活用してジ、ヨイン卜部にスチールのプレートを挟み込んでドリフトピンでとめた合成トラス梁のハイブリツド構造とした。
この無垢の智頭杉による屋根架構はこの図書館において智頭町を印象付けるデザインであり、町内に点在する土蔵の屋根を支える木組の形状をイメージした連続するトラス架構は、内部では木組みの持つあたたかさややさしさを智頭杉で製作した書架や家具と相倹って感じることができる。夕方には北側の広場からその架橋が温かく浮かび上がる。内部の書架、テーブル、梅子なども杉材の柔らか怠感触や温かみを活かし芯がら、集成や積層化により強度や耐久性を検証して智頭杉で製作し、統一感のある木の空聞を創出している。
(徳岡浩二、藤城義丈、中島慎一/徳岡設計)

page_top

「建通新聞」に徳岡浩二のコラムが掲載されました。

2021e5b9b410e69c887e697a5e5bbbae9809ae696b0e8819ee8a898e4ba8b

10月は「木材利用促進月間」
木材利用促進月間連載企画く最終回〉

大阪府建築士会特任相談役・徳岡浩二氏に聞く「法改正後の10年間に与えられた建築士の使命」

木材を消費するだけでなく真に循環させることを考えてほしいと語る徳岡氏

ー公共建築物等木材利用促進法が2010年に施行され早10年、どのような10年間だったか。

大阪府建築士会では、大阪府木材連合会と「関西広域木造建築普及促進協議会」を設立するなど、木材利用に注目が集まる以前から木造建築の普及と木材利用促進に貢献してきた。同会の特任相談役を務める徳岡浩二氏に法改正前の10年間とそこから見えた課題、今後の展開について聞いた。(聞き手は報道部=前田光理)
木材利用の概念を変える/山とまちの濃厚なつながりを

「木造や木質化目度が高まり、cLTなどの新技術や工法、素材の魅力の表現方法、木材架構の面白さなどがクローズアップされてきた。木材利用の意義などが普及し、工法と建材の多様性を確認できた10年間だったと思う。一方で進展していない部分もある」

ーそれはどのような部分か。
「国土利用や林産業全者を僻轍した木材利用の普及活動と資源利用概念の再構築だ。現状、山の土地所有者や林業従事者と消費者とのつながりは希薄だ。国有林や国産材について詳しく知る設計者、施工者がどれだけいることか。国産材の利用促進には材木の生産現場から設計、施工、廃棄までの情報を管理し、トレーサビリティを高める必要がある。実際の山とまちにある木材資源の種類量を見える化し、消費者には新しい活用方法を知ってほしい」

ー資源利用概念の再構築とは。
「まず木という自然材料ならではの設計や施工、維持管理方法など、技術的概念を変える必要がある。次に重要なのは、戦後起きた工業化概念の見直しだ。これまで、品質管理の観点から材料の傷やゆがみは許されなかった。循環型社会では、材料の特性を理解し、規格外寸法や傷があるものも適材適所に生かすべきだ。自然が生み出した芸術の個性を現代空間に組み入れ、大工技術を再評価し、文化的空間を取り戻す。木を単なる材料ではなく生活環境に潤いをもたらすものとして考えていきたい」

ー大阪・関西万博での提案もそういった思いがあるのか。
「現在、大阪府木材連合会と万博会場の『リング』に木材を利用してほしいと提案している。注目してほしいのはリングの支柱で、規格外の大径木を利活用する。放置された大径木は山を荒らす一因で、加工できる製材所が少なく、生かし方が確立していない。しかし、安易に焼却処分するのではなく、広く有効活用したいと考え、今回の提案に盛り込んだ」

ー今回改正法が施行された。今後、どのような10年聞にすべきか。
「生産から廃棄までの一連のつながりを確立するだけでなく、この10年間で生まれた産業の情報や技術を深く理解し、練り上げる成熟期間にしなくてはいけない。耐火性の問題も、今ある技術と材料の多様性をうまく組み合わせれば克服できるだろう。また、日本の木造技術と職人魂は世界一だと思っている。将来の担い手を育て、部材交換で長く生き続ける伝統的工法を守るために、職人のスキルの高さと価値が認められる社会を目指す10年間になれば良い」

page_top

黄綬褒章受章・大阪滋賀県人会誌「近江路」に記事が掲載されました。

e8bf91e6b19fe8b7afe5a48fe5ada3e58fb7e8a492e7aba0e8a898e4ba8b_e3839ae383bce382b8_11e8bf91e6b19fe8b7afe5a48fe5ada3e58fb7e8a492e7aba0e8a898e4ba8b_e3839ae383bce382b8_2

■徳岡浩二氏〔徳岡設計社長〕 祝 黄綬褒章受章

政府は、2021年春の褒章受章者を決定し、4月29日〔昭和の日〕に発令があり、「第一線で業務に精励している者で、他の模範となるような技術や事績を有する者を受章対象」とした黄綬褒章に、当会の常任理事であり、(株)徳岡設計代表取締役社長・徳岡浩二氏が選ばれ、受賞された。長年の建設設計に携われたご功績が認められたことによる、59歳という若さでの受章である。
O
徳岡氏の今回の受賞は、大阪滋賀県人会にとっても、大きな誇りであり、今後ますますのご活躍と社業のご発展を心からご祈念申し上げたい。
5月11日、清水副会長他2名で、受章のお祝いに会社を訪ね、徳岡社長と面会。多岐わたる高いご見識を拝聴し、また、当県人会にも有意義なご意見やご提案を数多く頂戴するなど、約一時間親しくお話頂いた。
0
2007年〔平成19年〕、浩二氏の父・徳岡昌克氏は、大阪滋賀県人会・第五代会長にご就任され二期四年の任期をお勤め頂き、また浩二氏には昌克氏の後を受け、令和元年に常任理事にご就任頂き、現在に至っている。
こうした親子二代による県人会へのご貢献は、最近身近な問題となっている『県人会の世代交代』の模範となるものであり、仕事で培われた貴重な経験を基に、当会へのご尽力を賜りたいものである。

page_top

「建通新聞」に徳岡浩二のコラムが掲載されました。

e5bbbae9809ae696b0e8819e

大阪府建築士会などの業界団体の活動を通して、多くの先人から学び、また海外の著名な建築家と接する機会を得ました。
黄綬褒章の受章は、今後の取り組みへの励みと捉えています。
「ウォーターフロント開発」「大阪・関西万博」「医療福祉」を柱とします。
ウォーターフロント開発では十三エリアの構想を、万博に向けては木造パビリオンの提案を、医療福祉では高齢化社会に対する住宅の安全・安心の確保に向けた書籍のまとめなどを進めます。
自身の若いころの海外での経験や、これまで積み重ねてきた知見を若い世代にも継承していきます。

2021年(令和3年)6月15日 建通新聞

page_top

「日経ビジネス」に徳岡浩二取材記事が掲載されました。

「日経ビジネス」に徳岡浩二取材記事が掲載されました。

e697a5e7b58ce38392e38299e382b7e38299e3838de382b9e38080e58f96e69d90e8a898e4ba8be38080e3839fe383a3e383b3e3839ee383bc_e3839ae383bce382b8_2

e697a5e7b58ce38392e38299e382b7e38299e3838de382b9e38080e58f96e69d90e8a898e4ba8be38080e3839fe383a3e383b3e3839ee383bc_e3839ae383bce382b8_3

e697a5e7b58ce38392e38299e382b7e38299e3838de382b9e38080e58f96e69d90e8a898e4ba8be38080e3839fe383a3e383b3e3839ee383bc_e3839ae383bce382b8_4

e697a5e7b58ce38392e38299e382b7e38299e3838de382b9e38080e58f96e69d90e8a898e4ba8be38080e3839fe383a3e383b3e3839ee383bc_e3839ae383bce382b8_5

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved