ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > 竣工情報

ゆずり葉の歩み

『夕陽の広場展望レストハウス』が竣工しました

resthouse

夕陽の広場展望レストハウス

沖縄観光を牽引する国営沖縄記念公園(海洋博覧会地区)内にある、夕陽の広 場での快適な休息の場を提供するレストハウス。熱帯ドリームセンターから一 体的に夕陽の広場を利用できることにより、活性化と魅力向上を図ることを狙 いとし、高低差による負担の軽減及び景観的な魅力向上のため、展望ブリッジ と展望エレベーターを設置し、レストハウスと一体的に設けることで物理的一 体感を出すとともに、景観・文化的背景を考慮して時間・空間を丁寧に繋ぎ、 施設全体の価値を向上させ海洋博公園の魅力を高める計画とした。 室内からの見え方に対しては「風景の純化」を図り、床と天井とで切り取られ た空間に見せたいものを効果的に表現することで、対象物をより純粋なものと して感じさせるよう計画。 遠景からの見え方として、周辺環境と「同化」させ、熱帯ドリームセンターと の軸線を強調し、また西面のガラスの傾斜は、外を歩く人がレストハウスに戻 る際に、水平線に沈む太陽が反射して眩しさを感じさせない角度(約15 度)と している。

page_top

『らくらく館「ローズパーク北摂」』が竣工しました

img011

らくらく館「ローズパーク北摂」

前面道路を介して隣接する北摂福祉研究所運営のグループホームと、連携したサービスが提供できるサービス付き高齢者向け住宅とデイサービスの計画です。デイサービスを確保しながらも、入居者、来所者、管理者、従業員それぞれにとって使い勝手の良い合理的な動線、室配置を検討しました。住宅部分は施設でなく共同住宅であるということを意識し、各階のラウンジや出入口正面のロビーなど、住人誰もが団欒できる場所を設け、コミュニケーションが取れる場とプライベートの場に配慮した住みやすい住宅を目指しました。また、出入口まわりの外壁は石貼りとし、合成木ルーバーを用いて室外機や樋を隠すことで、あたたかみのあるデザインとしました。

page_top

『かもしか荘』が竣工しました

e3818be38282e38197e3818be88d98

かもしか荘

野洲川の上流に位置する敷地は、国民宿舎として長年親しまれてきた旧かもしか荘を全面的に建てなおし、新たな宿泊交流の場として、時間的に余裕を持つ団塊 の世代、また都市部の子供たちとの交流の場を提供する施設として計画した。景観を十分に活かし、客室やレストランラウンジなど全室が川への眺望を楽しめる 配置と、1室60㎡を基準としたゆったりとした客室間取りで構成している。静かで落ち着いた自然の中の「甲賀の奥座敷」として、入浴、宴会、隣接する神社 や集落などの歴史散策や、川の清流や里山の情緒が味わえる自然体験などが楽しめる宿泊施設で、次世代を担う子ども達からお年寄りまでが安心して利用でき、 快適な時間を過すことのできる空間としている。

page_top

『武庫之荘メディカルキューブ』が竣工しました

img01

武庫之荘メディカルキューブ

住宅地と駅前の商業地区が混在する計画地において、先進医療が受けられることが外観からも伝わるような現代的な立面計画とし、建物自体がサインとなるような視認性の高い意匠計画を行いました。ファサードを印象付ける縦ルーバーは、道路に面した西側で採光を確保しながら、西日による空調負荷の低減を図る役割を担います。MRICT等の最先端技術を取り入れたクリニック等が入居する医療テナントビルとして、医療機器に必要となる階高及び荷重の設定、テナントビルとして中長期的な施設利用計画を考慮し、フレキシビリティな空間及び配管経路の整備を行う為に、鉄筋コンクリートとして、外壁以外柱の無い壁構造の検討を行いました。

page_top

『上本町の家』が竣工しました

img012

上本町の家

都心部の高層建築に隣接する敷地において品格ある形態と個人住宅として温かみのある雰囲気を表現している。建ぺい率80%の敷地条件を活用し、両側の壁状柱と梁型のない床版の構造により中央部に柱や壁の必要ない架構として、自由な平面を実現している。対面の公園の景観を活用し、四季の変化を感じることの出来る開口配置とした。4階のテラスでは側面の壁に囲まれて周りからの視線を気にすることなく、開放的な時間を過ごすことが出来る。北側に設けた1階から最上階まで吹き抜けの光庭は、各階どの部屋からも自然の通風や採光を実現でき、機能的でありながら閉塞感のない空間としている。また、外周の壁と床で構成されたシンポルな構造は、合理的かつ自由な室空間を実現し、耐震性も兼ね備えている。プライバシーと開放感の両面をもって“都心に住む”ことへの一提案である。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved