ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

高優賃貸住宅「ベルデ石切」の取り組み/2003.5.30建設通信新聞

 ◇高優賃貸住宅「ベルデ石切」の取り組み

ベルデ石きり

ベルデ石きり

:制度活用し低コスト・高サービス  高齢者向けの新しい住宅供給システムとして高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)制度が注目されている。
2001年施行の「高齢者の居住の安全確保に関する法律」にもとづき、民間事業者に対し国・都道府県が建設費・入居費を助成する。

 

: 選べる間取り  従来の特別養護老人ホームと異なるのは、間取りや広さを入居者が選択できるなど、ユーザーである高齢者の自主性が確保されている点だ。大阪府東大阪市西石切町に完成した「ベルデ石きり」は、高優賃制度のほか都市基盤整備公団の民営賃貸用特定分譲住宅制度(民賃制度)などを活用することで建設コストと入居者負担を軽減、公的サービスと民間事業者の利点を生かした低コスト・高サービスの高齢者向け住宅を実現している。

 ベルデ石きりは、高齢者の自立を基本とし、入居者が従来どおりの生活を営めるよう所持品を多く持ち込むことを想定した内部空間となっている。近鉄新石切駅前の至便な立地に加え、西側には生駒山系をのぞむロケーションにも恵まれている。設計を担当した徳岡昌克建築設計事務所の徳岡浩二社長は「現在の高齢者福祉は、重度の介護に力点が置かれているが、その一方で比較的健康な高齢者が自立した生活を営むことができる環境についてはいまだ不十分なまま。高齢者が尊厳を持って生活できる空間を追及した」と話す。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved