ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

第1回住み慣れた我が家を維持しつつ、安心・快適を加えるリフォーム

 ◇もとの姿に再生するのもリフォームの大切な仕事

 住宅のリフォームというと、新築そっくりに生まれ変わるイメージが一般的ですが、高度な技術を駆使して、昔のままに再生するというスタイルも、リフォームの重要な役割のひとつです。とくに、建築的に文化価値の高い建物などは、外観はさわることなく、強度や安全性を高めてリフォームすることが求められます。
 阪神大震災直後、半壊状態になった芦屋のある邸宅から、リフォームを依頼されたことがありますが、その時も「もとの姿に戻してほしい」というのが施主の要望でした。この邸宅は、谷崎文学の映画撮影にも使われたことがある素晴らしい日本建築で、そのままの姿で残していくことに大きな意義があります。ところが、震災時の激しい縦揺れで、屋根棟が母屋から吹っ飛ばされてはずれた状態になっていました。ゼネコンに相談したところ、「撤去解体して新築する方が簡単」といわれ、私に相談がありました。
 ゼネコンの指摘はある意味正しくて、技術的にもコスト的にも新しい建物を建て直す方がはるかに楽だし効率的です。しかしそれでは、ここまで維持されてきた名建築が、歴史の中から消えていくことになります。こういう時こそ、高度なリフォーム技術が求められます。

 丁寧につくられた日本の木造住宅というのはたいしたもので、上手に補強したり、リフレッシュしてやれば、それぞれの部材はそのまま使えます。ですから、優秀な大工の手にかかれば、昔のままの姿に戻すのは、そう難しいことではありません。この時も、端麗な過日の建物をそのまま甦らせることができました。
 お住まいのご家族には、高齢者がおられましたので、住宅用エレベーターを設置するなど、随所にバリアフリー改修を施し、生活の快適度は格段に向上させることができました。外見はそのままに、中は安心・快適にという、リフォームの基本形です。

◇“うつし”は「型を踏襲する」日本の伝統的な技法

 同 じく芦屋のあるお宅からは、「住み慣れた家をそのまま都心部に移築してほしい」という依頼を受けたことがあります。日本住宅の古材には、今では入手できな いような希少な木材が使われていることが多く、この邸宅でも廊下の1枚板など、見事な古材が多数ありました。そうした部材にはすべてプレーナー(カンナ) をかけてリフレッシュさせ、新しい住宅にそのまま使います。そうすると、見た目は新築同様ですが、長年見慣れた住宅の古材が使われているわけですから、室内にはどこか懐かしくて温かい空気感が漂います。本物素材だからこそできる、とても贅沢なリフォームのひとつだと思います。
 こ のお宅には、見事な座敷がありましたので、この部屋だけはそのまま移築することにしました。こうした作業は、日本の文化芸術に古くからある、“うつし”と いう技法と同じです。このように、古き良さを引き継ぎながら、新しい場所の良さを生かすという創造的な作業が、リフォームには求められます。

 伝統芸能や工芸の世界ではよく、「型を踏襲する」という表現を使いますが、うつしとは先人の優れたデザインやテクニックを、そのまま使わせてもらうというや り方です。そこには、素晴らしい資産を遺してくれた先人に対するリスペクトの心があり、完成された美は何の手を加えなくても美しい、だからそのまま踏襲す べきという考え方があります。
 建築の世界でも、うつしの技法はよく使われますが、文化伝統に対する深い造詣が必要になりますので、なまじっかな新築よりクリエイティブな作業といえます。 そういう意味でもリフォームは、高度な技術力と創造性が求められる仕事です。新築が中心の建築士や大工ではできないリフォームなども多々あり、技能レベル差がはっきり出てくる分野です。

◇リフォームで見直される和の空間づくり

 しっ かりした日本建築の価値が見直されているように、最近のリフォームでは、和の空間づくりを依頼されるケースが増えています。和の空間のエッセンスという と、縁側に代表されるような中間的な領域です。間の取り方や、やわらかく区切るといった役割を持った空間をしつらえると和のムードがより上手に演出できます。
 また、和は薄くて軽いという特長もあります。そこから、十二単や襲の色目のような、重ねや合わせの文化が生まれたわけで、室内をデザインする際にも、軽快で薄いものを多く重ねるようにすると、センスよく和のエッセンスを取り込むことができます。

page_top

良き設計コンペの条件-審査員に利用者の視点を-

2006/06 No.1104 建築ジャーナル 

建築家の本音-問題山積み。でも、可能性ある選定法-

 コンペは文化的行為である。それは同じ敷地、同条件にもかかわらずすべて異なる多様な設計提案がなされていることによって、建築のひいては人類の可能性を広げるからだ。また、建築技術の進展や、設計事務所の業務能力の向上にもつながる。
 だが現状では、問題点が多い。応募者、審査員ともに経済的支援に乏しいことがある。建築家が意欲的にコンペに参加するほど、その費用が事務所経営を圧迫する。また、審査員は十分な報酬がなければ審査に十分な時間をさくことができないばかりか、選定後に責任を持つことは困難だ。
 建築家のみで構成される審査は、デザイン重視で使い勝手やコスト(ランニングコスト)が軽視される傾向がある。審査員には、永続的に利用者となる市民を必ず加えるべきだ。むしろ建築家は審査に加わらず、専門家としてテクニカルアドバイザーに徹すればいい。同じ立場では情がからむケースも多いからだ。
 コンペは才能ある建築家を見出す機会となる。しかし、「若いだけの建築家」を採用する必要はない。市民は「若さ」ではなく、斬新で質の高いものを求めている。実績は安心要素の一つであり、重視されていい。しかし、コンペであるなら、所員数など量で選定すべきではない。あくまで提案の質で選定すべきだ。
 良い建築は、地域の文化性を高める。そのまちに合った建築は少なく、まちなみは混乱している。この状況を改善したいといつも考えている。建築は一つの仕事に10数年かかることもあり、一生にできる件数は限られている。良き建築をつくる機会を得るために、私はこれからもコンペに挑戦し続けたい。

徳岡浩二

page_top

住まいづくりの現場から part.1

建築家カタログ

建築家カタログ2006-2007

建築のことを話そう  Get into Design !
徳岡浩二

とにかく、ものづくりは楽しい。子供のころ、図画工作の時間に夢中になって取り組んだ経験は誰でもお持ちでしょう。みんなが飽きてしまって、雑談や別の遊びを始めてもひとり黙々と作品づくりに没頭していた子供が、大人になっても同じような毎日を送っています-建築家として。寝てもさめても建築のことを考え、議論をすればむきになって自論を展開。かつて先生や親にほめられて得意満面だった顔には、苦労を物語るしわが刻まれていますが、その眼は確かに幼いころの輝きをそのまま持ち続けています。建築の仕事は趣味と実益の両方を兼ねられる数少ない仕事のひとつですが、それゆえにどうしてもモノづくりにこだわってしまう。それほど建築は楽しい。だからこそ競争相手も多く、厳しい。しかし、そんな中で仕事を得ることができ、自分のポリシーに共感を持っていただける方々と巡り会い、一緒に生きた証としての建築をこの世に遺していける-恵まれた環境にいるのが建築家なのです。
 有意義な役割を与えてくれた社会に感謝の意味を込めて、美しいものを精一杯につくり、すべての人の幸せと夢を求めて日々取り組んでいます。「建築家は白鳥のようにあれ」と先人は教えました。優雅に水面に浮かんでいるように見えても、水面下では沈まぬよう、懸命に水をかいているのです。

世界でたったひとつの空間  Original Design

建築家は独自性にこだわります。形、システム、素材-建築家のデザインしたものにひとつとして同じものはありません。たとえ面積や間取りの構成が同じでも、作品にはひとつひとつ個性があります。敷地に合わせ、建築主の要望を採り入れ、そこへさらに建築家の哲学や感性が反映されて、それぞれが独自の魅力を醸し出しています。「人生いろいろ、建築主もいろいろ」。だから建築も個性があってこそ愉しいと思いませんか?
 建築とは<存在>を問うことから始まり、そのあり方を考える哲学です。世界でたったひとりの自分という存在、縁あって巡り会ったクライアント。そして地球上のそこだけにしかない敷地-そう、人生の「出会い」を形に換え、空間に表現する仕事なのです。しかしどこにもないものを生み出すのは至難の業。「創造は神の手伝いをする神聖な仕事」といわれるのもその所以です。建築家が既製品を避けがちなのも肯けるでしょう。クロスよりもペンキ、シャンデリアよりもダウンライトなのです。
 東洋における建築家の歴史が西洋に比べてまだまだ浅いのも事実です。メキシコの建築家リカルド・レゴレッタ氏いわく「日本に限らず、アジアの現代建築には残念ながら模倣的傾向が強い。だから雑誌を見るなと言いたい」。西欧の技術や思想に学び先進国の仲間入りを果たした日本、これからは自分で考え、歩いていかなくてはなりません。豊富な情報量と知識だけではアイデンティティー、つまり自分らしさは生まれない。これから家を建てる方々も、付箋だらけの雑誌を山のように積み上げるのではなく、ぜひ自分の言葉であなた自身の「生き方」を語ってください。きっと独自の空間が生まれるはずですから。

page_top

住まいづくりの現場から part.2

建築家カタログ

建築家カタログ2006-2007

かたちへの希求 Design Image
徳岡浩二

「かたちが強い」―建築への評価はこの言葉に尽きるでしょう。もちろんその評価には使い勝手や快適性、耐久性などの観点もありますが、空間への思いは「かたち」に収歛されます。かたちは「心」を集約するメッセージなのです。法的な規制も含め、さまざまな社会的条件をクリアしながらつくられる建築のかたち。しかし誰にでも評価することができる「使い勝手」は難題です。どんな名建築も「使い勝手が悪い」と一刀両断にされてはかたなしですが、機能を欠いていてはつくる目的そのものに意味がありません。写真家の村井修氏いわく、「彫刻的な建築といっても建築は彫刻には及ばない、なぜなら建築には機能があるから」。確かに絵画や彫刻も、造形により感動をもたらす芸術ですが、機能と美を追求する建築には作り手と住まい手の「対話」が大切です。公共建築でも不特定多数の利用者や管理者の立場でそのあり方を考え、社会的弱者への思いやりを忘れてはなりません。また、建築づくりにとって最大の制約はコストでしょう。良い建築は金よりも知性と趣味を要求するといわれますが、プロとしての仕事に予算オーバーは禁物です。コストの厳しい時には「簡素な美しさ」を求め、「素肌美人」を目指します。そしてさまざまな困難を克服しながら、「対話の芸術」といわれる建築を「妥協の産物」に貶めてしまわないように、自らの信じた「かたち」を実現するために、絶え間ない検討と粘り強く説得を繰り返す「熱意」が不可欠なのです。

環境共生への課題 Sustainable Design

環境共生という言葉をよく耳にするようになりましたね。電力やガス会社、メーカーは競いあって「お得プランの提案」を持参してPRしますが、節約を心がけるのが一番お得なのは自明の理。エコロジーの提案を客観的に分析して総合的にコストの低減をはかり、長所と短所を分かり易く説明するのも建築家の仕事です。住宅の設計でも、「地球環境に優しい素材を採用しましょう!」と大それた提案をし、誰に頼まれることなく省エネルギー、省資源に配慮して、その家が廃棄される際の環境影響まで考えてしまうのは不思議な感じかもしれませんが、建築家にとってそれは使命なのです。人の生活に不可欠な建築は、創ることそのものが、自然との対立関係にあります。21世紀になっても石油を巡って世界には争いが絶えません。だからせめて悪影響を最小限に抑えることが持続可能な社会(職業)として必須の条件なのです。「庭にはたくさんの木を植えましょう!」という提案に、「落ち葉を掃除するのは私なのに…」と愚痴をこぼさないでくださいね。きっと四季の彩が、あなたの生活に潤いを添えてくれるに違いないのですから。

page_top

高齢者向け優良賃貸住宅の課題と展望/2003.12hiroba

image012

2003.12hiroba

高優賃とは?
 高齢者向け優良賃貸住宅(以下高優賃)を略したもので、従来からなじみの深い特別優良賃貸住宅(特優賃)の高齢者版というイメージであるが、一般的にはまだ普及しているとは言い難いのが実状である。“介護問題”が日常的に話題となる中で、この高優賃は入居する高齢者が自立した“普通の暮らし”を続けていくための建築的、経済的な最小限のサポートを備えた賃貸住宅であり(介護施設ではなく)、段差解消や手すりの設置などいわゆるバリアフリー対応に加え、万一に備えて居室及びトイレ・浴室に24時間の緊急通報ボタンを設置し、国及び地方自治体(ベルデ石切の場合大阪府)が入居者の所得に応じた家賃補助を行う制度である。高齢者の負担が国や自治体の財政を圧迫する中、高齢者(満60才以上を対象)の生活不安に対し適切に配慮することで、本来双方の負担を低減するシステムであるが以外にその認識は低く、社会的な認知度も高いとは言えない。高優賃住宅の制度導入について、財政難に苦しむ地方自治体は、この継続的な個人に対する家賃補助がさらに経済状況の悪化をまねくのではないかと危惧されているようであるが、高齢者(特に一人暮らし)の多くが経済面よりもむしろ、緊急時の対応に不安を感じている比率が高いことを考慮すると施設への入居を選択されるよりは、むしろ社会的にも負担が少なく、時代に合った制度と思われる。高齢社会を支えるシステムはソフト・ハード両面における総合的な対コスト効果を長い目で捉えることが重要であり、大阪市など大都市において本制度が広く民間に活用されていないことは残念であり、今後の普及が望まれるところである。

高優賃の建設にあたって
 計画においては、(建設補助が得られることもあり)立地的に生活利便施設、すなわち駅、郵便局、金融機関及び医療施設、店舗などが身近にあり、同様の住宅計画が近傍にないことが条件となるが、利便性に優れ、土地代の高い場所での計画では必然的に居住面積の縮小や家賃の高負担に反映されることを考慮すると、むしろ少し離れた場所でも高機能な生活利便施設(コンビニなど)が適切な距離にあればゆとりのある居住空間や十分な日照、通風、家庭菜園の確保など入居者側のニーズにあった住宅が供給可能であることも今後配慮されるべきであろう。また行政指導においては従来の共同住宅と同様に扱われているため、駐車、駐輪施設の整備や開発負担についての考え方など、制度の趣旨にあった対応が今後望まれるところであり、車椅子の入居者もいることや駅に近い場所に誘導されているにもかかわらず駐車駐輪義務が課せられるような矛盾は解消されるべきである。計画の際には家賃補助制度が満了(概ね20年程度)しても賃貸住宅として存続しうることが重要であるから単に立地性だけでなく入居者の立場を考えた総合的な快適性の確保を視野に入れた自立可能な計画とすることが望ましい。また、整備条件に係わる指数が市域統一に扱われていることなど今後の認可における柔軟できめ細かな対応も不可欠である。

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved