ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

<オランダ通信> 水辺の国土計画と水辺都市

建築人 No.538 2009.4
オランダにおける都市・住宅整備と水辺利用 / 鈴木 綾香

image1

はじめに
 神は世界を造りたもうたが、オランダはオランダ人が造った―これは、オランダ人が胸をはって口にする有名な言葉です。またこの言葉は、13世紀から始まった干拓事業をはじめとする治水政策が、オランダ都市計画史の中でどれだけ重要かを示しています。本稿では、オランダの都市計画の特色と、2008年10月に芝浦工業大学・松下潤教授によるオランダ調査研究旅行へ同行した際に訪れた、新興住宅地をはじめとするオランダの水辺住宅について紹介します。

国土と水環境
ライン川下流の低湿地帯に位置し、国土の1/4が海面下にあるオランダでは、古くから高潮の被害に悩まされてきました。オランダの国土は関東平野とほぼ同じ面積ですが、その多くが、遠浅の海岸に防波堤を築き、風車で水を汲み出して農地としたポルダー(polder)と呼ばれる干拓地です。アムステルダムから西、あるいは北へ向かう車窓からは、都市部を過ぎた頃から見渡す限りの田園風景が広がります。線路や道路のすぐそばで放牧されている牛、馬、あるいは羊やガチョウなどを囲う柵はほとんど見られず、細い水路が田圃のあぜ道のように縦横に走っているだけです。しかも水面と放牧地との高低差はほとんどなく、雨が降れば溢れそうにも見えます。どこまでも広くぬかるんだ緑の農作地帯が、オランダ人にとっての原風景でしょう。
 首都圏のすぐそばに位置するこの広大な緑地は、その形状からグリーンハートと呼ばれ、ランドスタッド(Randstad/首都圏域)内で土地利用制度により保全されてきた地域です。オランダの国土計画は、関係する複数の省庁が連携して策定され、それに即す形でBmプラン(Bestermmingsplan)が市町村にて策定されます。これには、治水・環境・農業など全ての見地から制約される土地利用規制が含まれており、該当する地区のBmプランだけで、用途地域・建築行為の可否などを一元的・網羅的に照会できる仕組みになっています。オランダは、グリーンハートの保全をはじめ、環境と治水、土地利用管理を一体的に捕えた政策的な取り組みが、比較的早くから見られた国なのです。

image2都市計画と水辺
 オランダの干拓の歴史は高潮対策から始まりましたが、1958年のDelta Actにより、北海の沿岸に強固な防潮提が築かれて以降、高潮対策と都市計画・河川関係の治水は別々の計画が策定されています。現在、オランダの内水対策で重要視されているものが、21世紀の水管理政策に記載されている、”retain(保水)→store(貯留)→drain(排水)”の原則です。これは、降水量の増加に対してやみくもに雨水を排除するのではなく、まずは保水、その次に貯留するよう呼びかけ、水を受容することが治水の新しい理念であると謳ったものです。この考えは、主要な国土計画である国土空間戦略(spatial/physical)にも記載され、同時に、住宅地を開発するにあたって、治水を通じて水と緑を取り入れるように奨励されています。昨今では、こうした状況下で治水上整備される水辺(保水空間)が、憩いのスペースとして住宅の付加価値となり、既成市街地の周辺で水辺環境の整備された新しい住宅地が開発されるようになりました。以下に、その一例を紹介します。

page_top

『建築人』 釜山通信 日韓の新たな交流の幕開け/徳岡浩二  

建築人釜山通信 日韓の新たな交流の幕開け
(社)日本建築家協会近畿支部・(社)韓国建築家協会釜山建築家会 交流協定の締結

 2008年10月28日、海雲台センタムホテル21階スカイホールにて(社)日本建築家協会(JIA)と(社)韓国建築家協会(KIA)釜山建築家の交流協定が調印された。
 司会は大阪府建築士会との交流も深く、建築人の釜山建築を監修していただいている、仁済大学教授、田采輝氏が務めた。両団体参加者の紹介に引き続き、KIA釜山建築家会、許会長の歓迎挨拶、JIA近畿支部長 吉羽逸郎氏の挨拶のあと、釜山市の曺 勝鎬建築政策官から祝辞が述べられた。今回の交流は2008年5月KIA側から提案があり、6月27日JIA近畿支部での検討会において基本的に了承され、9月20日に釜山からの正式な招聘の依頼を受けて9月25日JIA近畿支部より訪韓の受託が伝えられた。同時期にアルカシア大会と大韓建築学会主催の釜山国際建築展が開催されていたこともあり、日本から出江寛JIA会長、森田嘉久専務理事が、またソウルからKIA金会長も出席され両団体の新しい交流のスタートを祝福した。調印式当日には吉羽逸郎JIA近畿支部長と稲地一晃氏が釜山市役所を表敬訪問し、公共建築の発注方式や建築文化の進展をはかるための施策について意見が交換された。

 

page_top

これからの公立中学校のあり方を巡って~新宿区西早稲田中学校の試み~

img01人生のうち最も多感な青春時代を過ごす中学校、なかでも公立中学校は国の人材育成の基盤を担う義務教育の場であり、大都市にあっては特に貴重な緑を保全できる空地としての大切な役割を持つ地域交流と防災ネットワークの拠点である。本計画においては今まで幾多の学校を設計する上で、常に課題としてきた項目について、関係者のご理解のもと実現できた点について以下に述べたい。

地域のシンボルとしての愛着を育む学校・新しい個性、西早稲田中学校らしさの創出
山手線内で有数の校地面積を有していた旧戸塚第一中学校と旧戸山中学校を統合して生まれた西早稲田中学校の空間的特長を活かすため、校舎および体育館を極力北側に集約し、校庭を最大限に確保するよう配置した。伸びやかなフォルムとリズミカルなデザインを基調として、無限の可能性を秘めた生徒たちの未来への思いを込めた。統合された両校の同窓生や地域住民の思いを新しい施設に継承するため、玄関正面にメモリアルコーナーを設け、図書館、コンピュータールームとともに情報ゾーンとしてまとめ、地域活動拠点としての導線管理や開放可能な諸室とともに構成して、旧校それぞれの懐かしいイメージを、保存された樹木や玄関から校庭を望むシーンなどの空間に織り込んだ。また交通量の多い明治通り側には高木を列植して修景し、観客席を上部に有する倉庫棟(防災倉庫、外部便所を含む)を配し、騒音・排ガスに対する緩衝帯としている。

page_top

瓦による新しい風景の創出  -淡路瓦の魅力再発見Ⅱ-

image02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建築人 No.533 2008.11

 永い年月の中で培われ、日本人の心に深く刻み込まれた建築素材としての瓦に今、様々な課題が立ちはだかっています。伝統的な屋根葺き材と比較して、木造建築に不可欠な耐火性能、耐久性に優れていたことから広く普及しましたが、近代に入り、西欧化、特にインターナショナルスタイルの流入と、その後の高度経済成長による合理化、工業化が雨露を凌ぐという屋根の機能や概念を変容させ、他の材料に主役を譲ることになってしまい、地震に弱いといった本質を見誤った評価も、業界に大きな打撃を与えることになりました。その上、昨今の経済至上主義の風潮は、「ものを創る」という仕事から、その楽しみすらも奪おうとしているように感じられます。厳しい時代の流れの中でも、瓦という素材に生き続ける魅力を語り継ごうと、様々な努力が尽くされてきたおかげで、景観保全をはかる上での代表的な素材としての地位は保たれているようです。
 大都市一極集中から地方回帰へ、そして魅力と活力のある個性豊かなまちづくりへの期待を、瓦復活への追い風としたいものです。伝統とは絶え間のない創造の繰り返しであり、存続への条件でもあります。従来の魅力を保存という形で継承していくだけではなく、時代のニーズに合った挑戦が、きっと郷愁だけに終わらない新たな需要を喚起することでしょう。
 野水瓦産業株式会社の専務取締役を務める野水直哉氏は、建築家との対話を通じ、常に前向きの姿勢で作品作りを支える生産者の一人です。南あわじの工場前におかれた原寸模型を前に、ルーフィングや桟木、野路板の収まりなど話題は次々に広がり、時間を忘れるほど興味深いお話を聞くことができました。きっとその情熱が良い作品作りの根底を支えているのでしょう。

page_top

自由な造詣で無限の可能性を開く -淡路瓦の魅力再発見Ⅰ-

image01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 建築人 No.531 2008.09 
 瓦産地として最も古い歴史を持つ淡路島。なかでも津井地区は数々の工場の集積する瓦のメッカです。ここで兵庫県伝統工芸品、淡路瓦久保窯元を営む株式会社タツミの興津取締役会長にお話を伺いました。「瓦生産地として代表的なのは、愛知県三河市に広がる三州瓦と、島根県大田市から西に延びる石州瓦、そして「いぶし瓦」で全国一の生産量を誇る淡路瓦です。瓦の品質を支えるのは「一に土、二に窯、三に細工」といわれていますが、特に淡路瓦は肌理の細かい滑らかな粒子の土が醸し出す、独特の風合いが自慢です。奥行きのある艶やかな美しさと繊細な細工は、強度を上げ、剥離や亀裂を起こさない性能の向上に努めています。最近は屋根の葺き材としてだけでなく、造形的魅力や吸湿性などの特徴を活かした製品開発に、挑戦しています。」とご説明を伺いながら、案内いただいたショールームには、庭園資材や敷き瓦、傘立てやプランターなどが所狭しと並び、赴きあるランプシェードやコースターなど驚きのあるアイテムも。「コースターは結露吸収するので喜ばれています。建築士の皆さんの自由な発想とデザイン力で、もっと生活に役立つ商品を是非提案していください。どんな形でもチャレンジしますよ。」と意欲的なお話に、創作意欲が刺激されました。様々な試作品や製作中の鬼瓦も拝見させていただいた工房で、若い職人の方から、鬼瓦製作における留意点を聞きました。「慎重を期すのは乾燥工程です。厚みや形状によって乾き方が異なるので、ねじれや割れが出ないよう、あせらずじっくり時間をかけるのが大切です。」卓越した技が織り成す、温もりのある土塊には、生命力さえ感じさせられました。
 外壁に使う大判平瓦など現代建築と瓦のハーモニーを追及する建材も開発中。古来から伝わる伝統技術が、最新の建築や庭園で新たな瓦の魅力が開花する予感を感じさせられました。伝統の継承と、発展には、新たなる発明が不可欠です。建築士の参賀が今、強く求められています。

徳岡浩二

淡路瓦のお問い合わせ先
淡路瓦工業組合
兵庫県南あわじ市湊134
TEL 0799-38-0570 FAX 0799-37-2030
info@a-kawara.jp
http://www.a-kawara.jp

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved