ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

ニューヨークにおける環境デザイン

建築人 No.544 2009.10
ニューヨークにおける環境デザイン / 海部 哲

 今春ニューヨークを訪れた。マンハッタンには、様々な時代を代表する建築が競い合うように混在しているが、最新のプロジェクトについて感想も含め報告したい。image012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 エンパイアステートビルから眺めるミッドタウンの夜景に、ひときわ輝きを見せるのは≪ニューヨークタイムズビル≫である。2000年にコンペで選ばれたこの作品は、日射をコントロールするセラミック・シリンダーにより、透過性と室内環境の快適性を同時に実現している。1階ロビーは自由に出入りができ、外観同様に雰囲気も開放的だ。
ニューヨークタイムズビルが面する8番街を北上すると、セントラルパークのほど近くに≪ハーストタワー≫が見えてくる。総合通信企業であるハースト社の新社屋を、1928年に完成したアールデコ調の旧建物(1998年に歴史的重要建築物に指定)を基壇とし、その上にダイアグリッドの外殻構造をもつタワーが挿入されている。新旧が取り合う6層吹抜けのアトリウムには、タワースカート部分から巧みに自然光が取り込まれ、様式の異なる2つの建物がそれぞれの特徴を損なうことなく見事に調和している。

ハドソン川に面する倉庫街の中に突如として現れる≪IAC ビルディング≫は、インターネット複合企業インターアクティブのオフィスである。風になびくような形態は、イタリアのパルマスティリザ製ガラスで形成されており、これら1437枚のうち1349枚に独特のねじりを持たせている。構造はRCでフラットスラブと、外周に配置された傾斜した柱により構成されているが、内部空間は阻害されることがなく、快適なオフィス空間を創出している。

page_top

『建築人賞』を創設~機関誌「建築人」における取り組み

image021建築士 2009.10

 大阪府建築士会では毎月機関誌『建築人』を発行し、会員への情報提供と誌面を通じての交流の場を設けている。同時にホームページを充実させ、相互連携させて迅速でタイムリーな情報を広く市民に提供するとともに、さらなる活性化のためにメールマガジンの配信を始めている。
 会員の手元に同封されてくる、誌面印刷された『建築士』と内容的に遜色がなく、いつも手元に置いていただき、「建築生活の身近な情報誌」として親しまれるよう常に創意工夫を続けている。建築界の情報に差異をつけることなく、読者からの視点で提供し、大韓建築士協会・釜山広域市建築士会との交流関係を生かしてそれぞれその会員と新しい建築作品を相互の媒体で取材して交流を深めたり、各地域会員の取材による「大阪建築まちあるき」では何気なく見過ごしがちな「まちの宝物」ともいうべき建築空間を歴史的背景とともに連載するなど、独自の企画を続けている。
 経済のみならずマスコミも東京一極集中する中で、建築文化の進展をはかる上での、会員同士の相互研鑽の場は縮小しているかのように思われる。かつて近畿の2府4県が永年力を合わせて編集発行してきた機関誌『ひろば』が、さまざまな事情により廃刊に至ったのも残念な一例ではあるが、その意義と経験を継承発展すべく、日々会員の求める誌面づくりに取り組んでいる。関西の土壌が生み出すこだわりのある建築空間が中央雑誌の誌面から姿を消していったのは、決して技術力の低下や人材流出のためだけではないと信じたい。そのため今年度から誌面に掲載された建築の中から優秀作品を顕彰する「建築人賞」を創設した。建築の公共性に鑑み、審査委員長は著名な建築ジャーナリストにお願いし、委員ならびに関係者は選定には関与しない公正公明な審査方式をとった。そのせいか誌面に参賀する作品も徐々に増えている。今後も引き続き、首都と地方空港が結ぶ交通網のような点と点の繋がりではなく、線=まちなみ、面=地域としての情報伝達を大切にしていきたいと考えている。
徳岡浩二

page_top

時代にあった教育の必要性について

はぐくみ 「教育とは生きる力を養う」ということと考えるが、毎年多くの人々が自ら命を絶つという現状を思うと、残念ながら戦後教育に問題があると言わざるを得ない。限界を克服し、困難に打ち勝つ能力に、なぜ衰退が起こったのであろうか。

 家族社会、集団社会の我が国は、西欧と比較して自立年齢が遅い、また場合によっては一生自立せずに生きていける。大人になりきれていない若者とはニートに限ってのことではない。しかし一世帯当たりの人口は減少傾向にあり、西欧先進国のように二人を切るのも時間の問題であるから、教育に孤独への備えは必須である。良き友人や生きがいを見い出す能力は、経済や地位に左右されない青春時代にこそ身につけておきたい。情報化社会において知識を習得するのには在宅でも可能であるから、同世代の子どもたちが、集まって学びあう空間である学校の役割を活かし、交流、発表など、あらゆる機会を通じて友情を深め合い、自立心を高めさせるよう努めなければならないだろう。国際化の中で、日本社会はますます厳しくなる。東京では10組に1組が国際結婚ということから考えても、単純労働者を受け入れない我が国の保護政策が崩壊するのも近い。これからはヨーロッパ並みの「人種間競争を生き残る能力」が不可欠である。その上、今の子どもたちは高齢化社会という重荷を背負ってこの厳しい環境に立ち向かっていかねばならないのだ。 

page_top

中墨をとって左右に偏せず

img011中墨とは中心線のことで、大工さんが、工事現場で墨つぼと墨糸を使って材木に線を引くのを見たことがある方も多いかと思いますが、その真中の線のこ とです。最近はプレカット工法(あらかじめ工場で材木を決められた寸法に加工して現場搬入する方法)の普及もあって、まるでプラモデルのように、架構が組 み上げられ、さしがね(かな尺)などと同様に、あまり見かけなくなってしまいました。子供の頃、現場で墨糸がピンと張られ、軽子(墨糸の先端についた針の ついた持ち手)で固定された糸を、大工さんが弾いて墨を打つ様子を見るのが好きでした。その一瞬の緊張感は、周りの空気まで清めるようで、人の生命と財産を守る建築づくりを、神聖な行為に感じさせたものです。

page_top

ホームページ改訂にあたって:コミュニケーションをかたちに

img02 絵画や彫刻のような孤高の創作と建築は少し違います。建築主の要望や社会の要求、場所との応答を繰り返し、議論や葛藤を乗り越えて描き、多くの人々の力を 借りて創り上げる対話の芸術です。情報化社会は「対話」のあり方を日々変化させており、それに合わせて情報の提供方法も、様々な選択を可能とさせながら、 より早く、正確に、また詳しく便利に対応していかなければならないでしょう。ホームページ改訂にあたり、変わらない心を伝えるために、時代の要請に応じた 伝え方を追求しました。そして今後も順次、成長発展させていただく所存です、設計と同じように。
徳岡昌克建築設計事務所

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved