ゆずり葉の歩み

設計作品

受賞暦

お問い合わせ

トップページ > ゆずり葉の歩みトップ > コラム

ゆずり葉の歩み

建築士と建築士会がなすべきこと―No.1

2010.3建築人2010.3 建築人  No.549 建築士の行方 ―これからの課題と展望―
「建築士と建築士会がなすべきこと」

◇低成長・縮小経済に生きる知恵
 前世代も含めて現代の日本を生きる我々は、右肩上がりの経済状況しか知らない。低成長ならまだしも縮小経済に対処する経験がない、というよりそれに対する想像力、創造力が欠如しているのが問題で、さらに悪いことに世界の現代史や政治経済に関する学習が不足していて近未来への回答を見出せないようだ。不況という言葉を数年来、毎日のように耳にしてきたが、そのうち好況になると考えるのは空虚な幻想であり、国力を考えればこんなものではないかと思えてならない。わが国の建設業界は一部企業を除き、高度経済成長と戦争特需をはじめとする輸出による貿易黒字の恩恵を国内で享受し、甘やかされて育ってきたが、大きな過渡期を迎えている。その主因は少子高齢化にともなう社会的な老化にある。人間の高齢化の性状は、右肩下がりに回復と停滞の波を描きながら身体能力が徐々に低下し死を迎える。沈滞する日本社会も同じように波を描きながら好不況に一喜一優するが、遠めで見るとはっきりと、成熟ではなく老いと衰弱に向かっているのが判る。しかし一国が社会的に老化しても地球全体で見ると局地的現象に過ぎず、島国日本が国際状況を体現しているわけではなく、確かなことは資源と食料を自給できない国が、豊かなはずは無いということだ。マスコミの論調は、他国を批判することで国内的に精神的安定をかろうじて保っているようにも感じられる。

◇建築界の混迷の主因
 わが国における建築士の平均年齢はほぼ60歳に達しており、情報化社会における実務の第一線で働く30から40歳代は35%に過ぎない。しかも失われた10数年といわれる環境の中、若手世代には実績が少なく、短時間で完結させる能力や責任感が充分に身についていない。一方大半を占める50歳以上の建築士は、利権を確保して生活を守るために、建築士の新規登録を絞り、設計者選定も実績重視とし、国が借金までして見通しのない将来の仕事までやり尽くしてきた。情報公開もプロポーザルもすべて経験年数や実績が重視されていて、コンペはほとんど無く、少数派の若い世代にとって希望を見出せない状況となっている。建築士だけでなく会計士など他の資格も同様に労働人口バランスに偏りがあり、資格取得に関する世代間不公平は著しい。新しい領域を切り開くには若い力が不可欠なのだが、この既得権社会と自己中心的な利益誘導、そして自己浄化力のない業界体質が、建築の魅力や誇りを傷つけ、多くの優秀な人材が他業界、他国へと追いやり、生産能力を低下させた。また経験と技術によって業界の基盤を支えてきた職人たちも高齢化し、もはや余力はわずかとなっている。将来を考え優れた人材を活かすために、公正公平な視点を持って均衡の取れた人材育成と新陳代謝を進めることが不可欠である。
徳岡浩二

page_top

建築士と建築士会がなすべきこと―No.2

2010.3建築人2010.3 建築人  No.549 建築士の行方 ―これからの課題と展望―
「建築士と建築士会がなすべきこと」

◇都市づくりのビジョンを導く規制緩和
 建築を永く使い続けることは大切だが、日本中を埋め尽くしている多くの建物は、規格化や分業化で作られた大量生産によるものがほとんどであり、これらの資産が文化的にも芸術的にも後世に引き継いでいくべき、優れた価値を有しているといえるだろうか。建築士に、これではいけないという気概が感じられず、理想を目指して創造的に取り組む姿勢や、こんな都市を創りたいというビジョンを示そうともしないのが残念だ。戦後、既得権社会で分捕り合戦を経て繰り返し配分されてきた糧も年々先細っている。国勢維持が可能な残り数年間が、目を覚ますべきラストチャンスではないかと思う。
 建築士は、開発と更新がなければ持続的に技術力を維持してはいけない。建築を改修して使い続けることは重要だが、それだけでは人も技術も育たない。せっかく構造が見直されたのだから意匠・設備も早急に意識改革し、継続的に時代遅れの建物を芸術性・文化性が高く長寿命で環境負荷の少ない社会資産として更新していくことが必要であり、遅くなるほど解体廃棄にかかる負担も大きくなるであろう。沈滞する経済を打開するためには我国の特徴を活かす知恵が必要である。車社会の新興国に比較して我国は、都市基盤が整備されていて効率が良く、移動コストや環境負荷が少ないわりに容積率は低い。省エネ・省資源の取り組みによって余力も生まれていることから、交通利便性の高い都市部の容積率を大幅に見直して高度利用を促し、芸術・文化を動機とした社会ストックの更新を進める一方、団地再生を促し、郊外は自然と共生できる田園風景を回復させて、メリハリのある土地利用により美しい景観を誘導しながら活性化させることが可能である。国際競争力強化のためにも都市モビリティを考慮した開発は不可欠であり、規制強化の一方に緩和が無ければ経済が失速するのは当然である。容積緩和は再開発特区や総合設計制度の拡充でも対応できる。さらに省エネ建築や、文化・福祉施設に対するインセンティブを与えるなど現行法規の中でも実現可能な方策は見出せるはずである。

◇将来を担う良き遺伝子を残す使命
 建築設計とは本来、未来を描く想像的な仕事であり、過去の事例を参照して繰り返すことは縮小再生産を招く自殺行為であるのに、高度成長時代の遺物として建築界の常道となってしまったことが発展を大いに妨げてきた。この世に生を受けたものが良き遺伝子を後世に残していくことは使命であり、それは建築も同じである。官民一体となって「公の利益」を考え、質の高い建築・都市を創るために相応しい方策を実現することが重要である。建築士制度も社会状況に応じて身の丈にあった整備をする必要があり、1級、2級建築士の一元化と木造建築の再評価、資格創設に伴う救済措置の役割を終えた木造建築士の段階的廃止、各団体のCPD制度の共通化、資格試験・登録事務の効率化、業界団体の機能的統合、賠償保健への強制加入など、他人任せではなく建築士自らが提案していかねばならない。また行政も時代にふさわしい建築関連法規の再構築するため、阪神大震災の教訓を活かし、構造計算偽装事件の抜本的再発防止策に着手し、税による良質な建築生産の誘導、実状にあった用途地域の見直し、市街化調整区域における国土利用方針の明確化、減築・再築時代に合わない抑制的な開発許可申請の簡略化、都市計画道路の迅速な整備、指名願いなど登録事務の合理化などに「時は金なり」という感覚を持って積極的に取り組んでいただきたい。建築界にとって中国の10倍以上といわれる高コスト体質も大きな課題である。競争力のある生産性を維持するため、企画から許認可、設計監理、資材調達から施工までを含めた総合コストの視点を持って縮減することが重要である。憲法を含め法律を運用で済ませるのはもはや限界であり、システムの改善が不可欠である。変革に向けて国依存、景気まかせでない自律的回復への道筋を、複合的、総合的に見出して未来を切り拓いていかねばならない。
徳岡浩二

page_top

インテリアとは空気をデザインすること

◇住環境が人に与える影響はとても大きい

住空間というのは偉大なもので、そこに住む人に多大な影響を与えます。気候風土が土地柄や人々の気質を形成するように、住まいの環境も、そこで生活する人間の気質に大きな影響を与えます。その事実を端的に気づかされるのは、リフォーム前後のご家族の変化です。リフォームは、住まいの環境を劇的に変化させるものですが、まるで変身でもするように、そこに住む家族の様子が180度変ってしまうのを、私は何度か目撃しました。
ある京都のお宅をリフォームした時も、そうでした。リフォーム前に打ち合わせをした時期は真冬で、京都特有の寒風がすきま風となって室内に入り込み、ご家族は縮こまるように背中をまるめて正座しています。室内を歩くと、床がギシギシと音をたてていて、なんだか気分が滅入ってきます。そこで私は、気分が一新されるような、明るく、暖かく、快適な洋間をひとつつくることを提案しました。
経年でシロアリによる被害も出ていた木造住宅でしたが、ジャッキアップして主要な部材を入れ替え、室内にはモダンなインテリアでデザインされた応接間をしつらえました。リフォーム完了後しばらくして、そのお宅におうかがいしてびっくりしました。ご家族の様子が、がらっと変っているのです。猫背気味だった姿勢は陰をひそめ、堂々と胸を張るようにソファーに腰掛けています。言葉づかいも、以前は弱々しく暗い感じだったのが、今では明るく朗らかで、力強くなっています。面白かったのは、「リフォームをして家が快適に変ったことでライフスタイルが変化し、物事に対する価値観や人生観にまで変化が起きた」とおっしゃったことです。住環境というハード的な変容は、そこに暮らす人たちのヒューマンな部分にも直接的に影響を与えることが、はっきりとわかりました。

◇インテリア計画がリフォームの良し悪しを左右する

私は学生時代、インテリアを専門に学びましたが、そこで教え込まれたのは、「インテリアとは空気をデザインすること」という基本です。室内の空気とは、わかりやすくいえば雰囲気のことです。インテリアを変えるだけで、室内の雰囲気はがらりと変ることは、みなさんもご存知だと思います。
私は建築士という肩書き以外に、インテリアプランナーやインテリアコーディネーターの資格も持っています。それぞれに中核となる仕事の領域は少しずつ違っていますが、「生活をどう築くか」というテーマにおいては、垣根はありません。建築とは、本来人間のためにあるものですから、そこに住む人の欲求に応えたものをつくるべきなのは当然です。そうした基本要件を満たした上で、なおかつデザイン的に美しい生活空間をつくりだすことが、我々の永遠のテーマです。
建築はインテリアがなければただのハコです。ですからみなさんもリフォームの時には、どんな生活を築きたいのか、できるだけ具体的にイメージをして、それをインテリアに反映させるようにしてみてください。

◇家族のライフサイクルを念頭に入れたリフォーム計画づくりを

リフォームの計画を立てる時のポイントとして重視しておきたいのは、時間的な経過を十分に考慮しておくことです。すべての物事が流転しているように、人生にはライフサイクルがあります。家族はつねに成長し、増えたり減ったりします。ですから住まいというのは、子供が生まれた、子供が独立していったといった家族のライフサイクルの節目ごとに、柔軟に変更できる空間設計、空間活用が望ましいのです。一般的には「ここは子供部屋」「ここは祖父母の部屋」というように、室内を固定的に区切ってしまうことが多いのですが、そうではなく、将来家族が増減した時に、そこに住み続ける人たちが自由に転用できる室内空間としておくことが合理的です。

最近では自治体の公共施設の多くが、将来的に建物の使用目的が変化しても、コンバージョン(変換)できるような、フレキシブルな空間設計になっています。新たに建て直すよりは室内改修だけで対処する方が、予算ははるかに合理的です。これなども、大きな意味でのリフォームの活用事例です。徳岡浩二

page_top

リフォームで住まいをバトンタッチしていくという考え方

◇ヨーロッパ型の生活スタイルは環境にもやさしい

リフォームというと、現代的なトレンドのひとつとしてとらえられがちですが、ヨーロッパでは、伝統的な生活文化として古くから根付いています。ヨーロッパを初めて旅行すると驚かされるのは、数百年前の古い石造りの建物が、市民生活の中に普通に共存していることです。パリなどはその代表で、建物は歴史的なストックとしてそのまま受け継いでいき、室内の内装だけをリフォームして、時代に合わせて快適にしていくという暮らし方が成立しています。いわば、歴史的な必然性として、リフォームの文化が根付いているわけです。
翻って現在の日本では、「住宅は消耗品」という意識が主流ではないでしょうか。インテリアなども、古くなったり飽きたりしたら、簡単に捨てるという生活スタイルです。ヨーロッパ社会では逆に、建物も家具も、古いものほど価値があるという意識が定着しています。ですから彼らは、簡単に壊さないし、廃棄物をムダに発生させたりしません。つまり、リフォームを基本としたヨーロッパ型の生活スタイルは、ゴミをつくらないという意味でも環境にやさしい暮らし方なのです。

◇「スケルトン・インフィル」で内装だけを更新

最近では日本でも、マンションや戸建住宅などで、「スケルトン・インフィル」という思想で設計された物件が見受けられるようになりました。スケルトン・インフィルとは、建物の構造はしっかり長持ちするようにつくっておき、建物内部はあとあと自由にリフォームができるように設計しておくという考え方です。こうした住宅であれば、世代交代しても、内装だけをやり変えて暮らしの快適度を向上させつつ、家は代々引き継いでいくことができます。ヨーロッパ型の生活スタ イルを、現代の日本に置き換えた住まいづくりといえます。
日本でも、何代も続く旧家では、何百年間も住まいを引き継いでいる事例がありますが、戦後普及した都市部における一般市民層のライフスタイルは、手軽に住宅を建設し、手軽に住み替えたり、建て替えたりする、量産消費型の住宅需給でした。地球環境保護を課題とするこれからの時代に、そうした消費型の住宅供給ス タイルはやはり問題があります。
そこで見直されるのが、リフォームのメリットです。建て替えのように大量な廃棄物を出さないので、環境に大きな負荷をかけることはありませんし、リサイクル材を積極に使い、ムダがない、有害物質を出さない工法を選べば、さらに環境にやさしい建築といえます。

◇リフォームをきっかけに窓からの景色を楽しむ生活スタイルをつくる

地球環境など、大きな視点からの「環境との共生」も大切ですが、リフォームの際には、住まいの身近なところにある環境との共生も考えるようにしてはいかがでしょうか。例えば、リフォームだからこそ、家のまわりの風景を見直すという作業も、周辺環境と共生する重要なポイントです。
家の窓から見える外の景色というのは、暮らしに潤いを与える貴重な要素です。欧米では昔から、窓に映る美しい景観を「ピクチャレスク」(=まるで絵画のような美しい様子)として愛してきました。普段見慣れた風景も、窓によって切り取られると、違った一面や魅力が発見できて楽しいものです。
そこでリフォーム時には、暮らしに潤いが生まれ、四季折々の季節感が楽しめるように、窓から見える景観に、ひと工夫されてはどうでしょうか。窓枠だけでなく、カーテンなどの飾りを入れてバランスをとり、窓の景を強調するようにすればより効果的です。
都会の住宅では、プライバシーの問題などもあり、なかなか窓からの景色を楽しむゆとりはないかもしれませんが、そこは工夫次第で、季節の潤いをうまく取り込 むことができます。庭があるお宅であれば、ガーデニングや植栽で、窓から常に草花や樹木が見えるようにしておくのもひとつの方法です。外からの視線も遮りつつという条件をクリアするのであれば、ルーバーやすだれ、格子を窓の付近にしつらえるのも一案です。四季を通じて自由に豊かさを表現する楽しさを、リフォーム時にぜひ室内に取り入れてください。徳岡浩二

page_top

リフォームで建築士を使うメリット

プロの知恵を上手に活用して、安心リフォーム

◇海外製のインテリアはプロにチェックしてもらおう。リフォームの打ち合わせの席で中心になるのは、たいてい奥様です。一般的なリフォームの場合、インテリアは、国産メーカーの分厚いカタログから選ぶのが普通ですが、そうするとどこにでもありがちな、似かよった部屋になってしまいます。メーカー各社が推奨するトレンド商品が選ばれる確率が高いわけですから、それは当然といえます。しかし最近では、それでは満足できない、個性的なインテリアを要望する女性が増えています。そういうこだわり派の女性の場合、とくに輸入家具や海外物のインテリアなどを要望されるケースが多く、リフォーム業者で入手できない場合は、自分で海外に直接発注して調達されるケースもあるようです。しかし、そういう場合はよくよく精査して発注しないと、日本の規格サイズではないので取り付けられない、イメージと違ってデザイン的にバランスがとれていないなど、あとで困ることがよくあります。そういう時こそ、我々のような建築士やインテリアのプロに管理してもらうのが得策です。取り付け施工面のチェックはもちろん、デザイン的におかしなことにならないか、プロならではの視点で、きっちり管理をしてもらえます。

◇カタチにはすべて意味がある。また、デザイン面でも、プロに任せるのと、そうでないのとでは、歴然とした差が出ます。女性の場合、インテリアなどについてはプロ顔負けの知識と情報量を持っている方が多く、私のようなインテリアを学んだ人間でも、驚かされることがままあります。打ち合わせの時でも、山のように積まれたインテリア雑誌を資料として持ってこられたり、インターネットで見つけたイメージ写真をたくさん持ち込む方がおられます。また、イタリアの地中海風とか、フランスの南プロバンス風といった、雑誌などで見た憧れのイメージを言葉でリクエストされる方も増えてきました。それはそれで良いのですが、自分自信の確たる嗜好やニーズなしに種々雑多なイメージだけのコラージュでいくと、結局はしばらくすると、何か安っぽい陳腐なものになってしまいます。デザインには賞味期限がありますし、流行ものはとくに、あとで見るとチープに感じるものです。模倣や上辺だけのイメージでは、せっかくリフォームをしてもあまり意味がないと思います。カタチにはすべて意味があります。この空間を使う人間にとって必要な機能や、この空間ならではの特性など、本質的な要素を整理していくと、自ずと浮かび上がってくる解答があります。そういった本質的、根源的なエッセンスをつかみとってデザインをするのがプロの仕事なのです。「美学」とは、合理的に説明がつくものです。
デザインの本質とは、工学的にも美学的にも意味があるカタチを追求することにほかなりません。ですから、しっかりしたプロにリフォームを頼めば、対価に見合ったデザインを、きちんと提案してくれるはずです。

◇バリアフリー工事もしっかりしたプロでないと不安また、バリアフリーなどのリフォームニーズも最近は増えていますが、安全性についても、専門のプロは知識が深いので安心です。よくあるのが、バリアフリー工事なのに、上辺だけの工事というリフォーム業者です。階段に手すりを取り付けるのに、石工ボードの上にボードアンカーで止めているような業者がいますが、これは論外です。しっかりした強度を確保できなくては、バリアフリーとはいえません。いい加減なリフォーム業者だと、知らぬ間にこうした欠陥工事が進んでいるので、注意が必要です。ただ、バリアフリー工事に関しては、どこまでお金をかけるのか、合理的に判断することも必要です。あまりにも多大なコストを投下するのは考えものです。もしかしたら、有料老人ホームに移る方が、いろいろな意味で得かもしれないからです。我が家で家族とともに、安心して住み続けることにどれだけの価値を見いだすのかで、自ずと許容できるコストは決まってくるはずです。ご自分のニーズはどのあたりにあるのか、個別にじっくり検討してみる必要があると思います。徳岡浩二

page_top
Copy Right (c) 2009 Tokuoka Masakatsu Architects.LTD All Right Reserved